犬木の不整合@ジオパーク秩父

ビーグル号の航海日誌 2016年01月06日 03:59

KIMG1571.JPG暖かくなったら訪ねたいジオパーク秩父の紹介です。今回は「犬木の不整合」です。
赤平川により削られた岸壁下部は約1.3億年前から1億年前の頁岩層、上部は約1700万年前から1500万年前の眞第三紀中新世の砂礫層が不整合しています。不整合とは2つの層の間に時間的不連続が認められることを意味します。[2015年11月9日撮影:秩父@和田]

秩父一帯は形成年代の異なる多様な地質、変化にとんだ地形が広がっています。12004675_965410740192804_5979184020838084342_n[1].jpg11036214_965410880192790_2798805126364331691_n[1].jpgフォッサマグマナを縦断し関東から九州まで帯状に続く、秩父帯、四万十帯、三波帯に加え、山中地溝帯や新生代の砂礫層、火成岩の貫入跡などから形成され、鍾乳洞や秩父盆地の東西にある断層、荒川沿いの河岸段丘の観察や化石(植物、昆虫、動物)採集もすることもできます。

秩父帯:約2億年前から1.5億年前のジュラ紀に付加
四万十帯:約1億年前から6500万年前の白亜紀に付加
三波帯:白亜紀後期の約8500万年前から6500万年前に付加
山中地溝帯:約1.3億年前から1億年前に形成
新生代の砂礫層:約1700万年前から1500万年前に断層による陥没後に形成
火成岩(石英閃緑岩):約1100万年前から500万年前に貫入

関連記事(神流川になぜ恐竜化石が)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ