【第三章】清らかな流れの中で@白州下見の旅

ビーグル号の航海日誌 2015年11月30日 01:00

12294812_968926499841228_8224382149912370497_n[1].jpgエコカフェのための半日下見の第三章。駒ヶ嶽神社(竹宇)は尾白川渓谷沿いにあります。甲斐駒ヶ嶽を目指す登山者はここで登山の無事をお祈りするのだそうです。私たちも高山植物や雄大な自然を求めて登山をすることがありますが、今回はさわりだけ。。[2015年11月22日撮影:尾白川@阿部]

駒ヶ嶽神社前宮の境内の左手からつり橋が伸びています。つり橋を渡り向う岸の白砂の上に降り立ちました。奄美大島生まれの勝島さんにとっては生まれて初めて見る真白の川砂だそうです。12274303_968926516507893_6280912402462408668_n[1].jpg11224574_968926459841232_2753730823533132665_n[1].jpg尾白川の名前の由来は古来より山中に白黒で尾が白い神馬が棲んでいたことにあるそうです。
尾白川渓谷は千ヶ淵、旭滝、百合ケ渕、神蛇滝、不動滝など多くの渕や滝があって散策するにはもってこいでしょう。水源は甲斐駒ヶ岳、花崗岩の山体を通じて流れる水は清らかであります。12299158_968926479841230_1205938002379755606_n[1].jpg

エコカフェでも河川や渓流沿いの植生などの観察をする機会はありますが、川の流れによってできた自然の造形美や河畔や段丘など地形の生い立ちを学ぶのも楽しいでしょう。とりわけ、尾白川の真っ白な砂は、素晴らしいですね。


人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ