當麻寺は静寂の中に

ビーグル号の航海日誌 2015年10月03日 00:00

1443567241308.jpgまさに時間が止まっているかのような佇まいである。奈良県葛城市当麻に當麻寺はある。東西二つの三重塔で有名だが、訪れる観光客は京都の寺院とは異なり少ない。墓地の永代料30万円の立て看板が空々しい。今日、境内には真言宗5院、浄土宗8院の子院を抱えます。[2015年9月29日撮影:當麻寺@山崎]

創建は推古天皇20年(612年)、開基は麻呂古王(聖徳太子の義母弟)と伝承。天武天応9年(680年)、当麻真人国見が遷造。創建地などに諸説あり。本尊は、創建当時は弥勒仏(金堂に安置、白鳳時代作の塑像、遷造時に役行者所持の孔雀明王像を胎内仏に納め祀る)、鎌倉時代以降は當麻曼荼羅(本堂に安置)。1443651185250.jpg宗派は高野山真言宗と浄土宗。山号の二上山とは、奈良盆地の西に実際に位置し、東の神体山である三輪山に相対し、双耳形の2つの峰を持ち、夕日がその間に沈む情景から西方極楽浄土の入り口、死者の魂が赴く地であると考えられてきた。河内と大和を結ぶ重要な交通路が通い、豪族葛城氏の一族の当麻氏の氏寺として建立されたという。治承4年(1180年)の南都焼き討ちで東塔、西塔、本堂を除き焼失。平安時代末期に末法思想の普及により、阿弥陀堂が建立、当麻曼荼羅を安置。

平安時代末期、末法思想が広まり現世の幸せを諦め、来世に阿弥陀如来の極楽浄土に生まれ変わることを願うようになり、元興寺(本尊:智光曼荼羅)と同様に曼荼羅を本尊とする寺院へと変遷していったと考えられています。


関連記事(二体のお地蔵さまに)⇒
関連記事(凛とした飛鳥大仏に魅せられて)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ