自然観察会@東高根森林公園

⇒自然観察会 2015年09月28日 15:38

少しずつ秋の訪れが感じられる今日この頃ですが、今年はすでに紅葉が始まっているところもあるそうです。
落ち葉を踏み鳴らし、秋から冬へ向かう音を感じつつ、今回は神奈川県にあります県立東高根森林公園を
散策します。
人工林ですが、樹齢150年のシラカシ林などが観察できます。
080424千葉神崎(視察) 021.jpg

集合日時:平成27年10月24日(土)午前10時30分
集合場所:県立東高根森林公園南口

テーマ:自然植生のシラカシ林と半自然林であるコナラやクヌギを観察することで自然の遷移を体感する。

行 程
10:40ユリ園→ケヤキ広場→花木広場→シラカシ林→古代植物園→古代芝生広場→湿生植物園→自然観察広場
→古代植物園→クヌギ・コナラ林→見晴台14:00解散


※コースは当日変更する場合がありますので、ご了承ください。
※途中皆さんでシートを引いてピクニックを行います。昼食は各自ご用意下さい。
※雨天の場合は、中止になることがあります。

(参考)公園までのアクセス
※溝の口駅からお越しの方:JR南武線「武蔵溝ノ口駅」、田園都市線「溝の口駅」南口より、川崎市営バス1番、2番のりば(溝15・16・17・18・19系統)にご乗車いただき「森林公園前」で下車してください。18番系統が数分に一本出ているため、各自10時頃のバスにご乗車ください。
※登戸駅からお越しの方:JR南武線、小田急線「登戸駅」より川崎市営バス(登05・06)にご乗車いただき「神木本町」で下車してください。10:10の5番系統菅生車庫行きにご乗車ください。

〇参加費:無料、但し、往復交通費は各自負担
〇対象:会員、一般
〇協力:株式会社ベネフィット・ワン

参加ご希望の方は、10月22日(木)までに事務局(info@ecology-cafe.netもしくは03-5280-2377)へご連絡ください。
皆様のご参加お待ちしております。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

昆虫調査隊報告会

⇒こどもたちと 2015年09月27日 14:32

IMG_20150927_111300.jpgIMG_20150927_103819.jpg青空広がるなか、7月、8月に行われた昆虫調査隊によるフィールド調査の報告会が開かれた。
元気にはきはきと報告する子供たち。
よくまとめられ、将来は昆虫博士になりたいと言う子もいて頼もしい。
今日、選ばれた子たちは2月に開かれるシンポジウムにて発表してもらう予定だ。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

トンボがいない!

IMG_20150927_090440.jpg岡山県にある湿性植物学習センターにきています。
秋を感じられる風とスズムシやコオロギの鳴き声に耳を澄ましていると、なんとも穏やかな気持ちです。
しかし、いつもならトンボがたくさん見られるはずが、今年は飛んでいるのも見かけない。
昨年から続くイノシシ被害の為かと思われたが、
話に寄れば、今年の気候に寄るものではないかとの見方だ。
来年も引き続き観察しながら、対策が必要な場合は専門家の指導のもと行わなければならない。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

栗林公園の情緒を

150919栗林公園@エコカフェ.jpg金沢の兼六園、岡山の後楽園、水戸の偕楽園を日本三大名園というが、これらを凌ぐ名園ともいわれる。江戸時代、讃岐高松藩主の下屋敷として長く利用され、現在では文化財庭園として国の特別名勝に指定されています。[2015年9月19日撮影:香川県高松市@山崎]

紫雲山を借景に13の築山、6つの池を配し、回遊式庭園の南庭と準洋式の北庭から構成。面積は約75ha。室町時代の16世紀末、豪族佐藤氏の別邸として築庭され、その後、1625年頃、讃岐国国主生駒高俊により南庭一体が造営。寛永19年(1642年)、高松藩主に水戸徳川家連枝松平頼重が入封、以後松平家が5代、100年に渡り造営を続け、延亨2年(1745年)に完成。150919栗林公園3@エコカフェ.jpg150919栗林公園2@エコカフェ.jpg明治4年の廃藩置県により明治政府管理下、明治8年(1875年)に県立公園に移行し、現在に至る。

名前の由来は北門付近に当初は栗林があったため、その後、鴨猟の邪魔になることから伐採されてしまったという。庭園には松、桜、梅などが植栽されており、その美しさはお見事としか言いようがありません。


関連記事(岡山城天守閣は復元)⇒
関連記事(いにしえの亀石)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

鳴門の渦潮の迫力に

ビーグル号の航海日誌 2015年09月26日 19:38

1443263221672.jpg生まれては消えるうず潮。消えては生まれるうず潮。次から次へと、場所を変えながら、魔物が潜んでいるかのようで、飽きることはない。[2015年9月19日撮影:鳴門海峡@山崎]

鳴門海峡は瀬戸内海と太平洋を結ぶ幅約1.3kmの海峡。潮汐により1日に2回、瀬戸内海と太平洋を海水が行き来する。その水位差はなんと1.5mにもなり、潮流は速度にして14km/時にもなる。海峡の幅が狭いこと、海底の地形が複雑なこと、から早い潮流と両岸近くの遅い流れの潮目で渦が発生するという。1443263361190.jpg1443263259930.jpg大潮時には最大直径30mにもなる渦潮が発生するそうですよ。

大鳴門大橋の橋桁「渦の道」から鳴門海峡にできるうず潮を見ることができる。もちろん遊覧船から間近に眺めることもできる。世界三大潮流にも数えられ、一見の価値ありです。


関連記事(真鶴半島先の三ツ石は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

代々木八幡神社例大祭で神輿渡御を

ビーグル号の航海日誌 2015年09月24日 00:19

150923代々木八幡神社@エコカフェ.jpg秋分の日、暑さ寒さも彼岸まで、今日は気持ちの良い一日となりました。代々木八幡神社の例大祭、昨日に続き、神輿渡御といって、神霊が移された神輿を氏子各地区を巡行します。[2015年9月23日撮影:代々木上原@山崎]

神輿の担ぎ手、祭囃子や音頭を奏でるのも氏子である。子ども神輿もあって町内会は秋祭り一色です。渡御行列は簡略化されたものになっています。代々木八幡神社境内には出店がたくさん出て多くの参拝者でにぎわいを見せていました。150923代々木八幡神社B@エコカフェ.jpg150923代々木八幡神社C@エコカフェ.jpg
渡御の運行は例祭によりかなり異なり、厳かに運行されるもの、威勢よく担がれるもの、水中で担がれるもの、船渡御となるもの、などがあるそうです。行列を猿田彦が先導し、御幣、笠鉾、幟、高張提灯、太鼓などの露払い役目があって、神輿が続く。神輿には雅楽や祭囃子、音頭などが奏でられ、調子を整え盛り立てます。


関連記事(宵の大川を船渡船とともに)⇒
関連記事(代々木八幡宮の例大祭は恵みの雨に)⇒
関連記事(代々木八幡宮の例大祭は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

鳩森八幡神社の例大祭は

ビーグル号の航海日誌 2015年09月20日 23:48

1442296630056.jpg鳩森八幡神社は境内に富士塚があることから前このブログでも紹介した。今回は千駄ヶ谷生協に買い物に行った際に神輿渡御の列に出会ったので例大祭について書こうと思う。[2015年9月13日撮影:千駄ヶ谷@山崎]

鳩森八幡神社の御祭神は、他の八幡神社と同様に応神天皇神功皇后(応神天皇の母)。総本山は大分の宇佐神宮(宇佐八幡宮)であって、古く伊勢神宮とともに皇室の祖先をお祀りする二所宗廟をなす。1442296691148.jpg1442296650738.jpg奈良時代から平安時代にかけ八幡神は応神天皇の神霊として習合したため。平安時代には武神、源氏の氏神とし、以降江戸時代まで武家の守護神、国家鎮護の神、明治の廃仏毀釈を経て、現在では平和を守る神として、産業・文化の発展と守護、子育て安産、渡航平安などにご利益があるという。鳩森八幡神社では9月12日・13日(従来旧暦8月15日)に例大祭の儀を斎行し、初日に安泰・五穀豊穣を感謝し参拝、奉納舞踊、翌日に神霊が氏子地区を周る連合渡御、献能(薪能)が行われます。

八幡神は託宣をよくする神であり、応神天皇と習合したため、皇室(大和朝廷)にとっては天照大神に次ぐ守護神にされたという。仏様との習合にあっては、本地垂迹において八幡神の本地仏は阿弥陀如来であったとされます。当時は宇佐八幡宮弥勒寺と称したそうです。


関連記事(代々木八幡宮の例大祭は)⇒
関連記事(日本神話へ、猿田彦神社)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第12回定例事務局MTG【速報】&山崎さん卒業祝い

船長からのお知らせ 2015年09月17日 08:44

1442443344558.jpg昨夜は第12回定例事務局MTGを開催しました。ひと月開けての開催でしたが有意義に意見交換をすることができ、後半戦の活動スケジュールを決定しました。夏休みの間、インターンで頑張ってくれた山崎さんの事務局卒業お祝いをみんなでさせていただきました。楽しいひと時でもありました。

9月27日 湿生植物学習センターにて昆虫調査隊(報告会)
10月15日 地球惑星科学委員会 SCOR分科会 SIMSEA小委員会
1442443305481.jpg10月24日 自然観察会in東高根森林公園
10月21日 盛岡市立下橋中学校生徒さんらの訪問
11月13日〜15日 奄美大島エコツアー&絶滅危惧種保護センター訪問
12月 理事会・忘年交流会
1月15日〜17日 磐梯山イエローホール&夜なべ会
2月 シンポジウム
3月 自然観察会

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

筑波山神社は古神道に通ず

ビーグル号の航海日誌 2015年09月16日 03:03

150613 筑波山神社@エコカフェ.JPG筑波山は古来より信仰の山、神体山として知られる。双耳形の山で西峰(男体山頂)に筑波男大神(伊弉諾尊)、東峰(女体山頂)に筑波女体大神(伊弉冉尊)を祀り、筑波山神社と崇め奉ってきたという。[2015年6月13日撮影:筑波山@阿部]

仏教伝来による神仏習合で筑波両大権現(筑波山男大神は千手観音、筑波山女大神は十一面観音を本地)となったが、江戸時代に入り、江戸城の鬼門に当たることから封じのための祈願所とし、特に、中禅寺を庇護したという。150613大鳥居@エコカフェ.JPG明治元年、神仏分離令(廃仏毀釈)により、中禅寺は廃寺となり、神体山信仰の古制に復し、筑波山神社が復興し、明治8年(1875年)に遥拝のための拝殿が造営され、今日に至る。また、それぞれの頂にそれぞれの本殿が再建、鎮座する。

拝殿の西側に筑波山ケーブルカーの宮脇駅があって、今日では容易に登ることができる。かつての仁王門は、なぜか随神門と名を変えて残され、左には倭建命、右には豊木入日子命が守護しています。


関連記事(檜岐歌舞伎が脈々と伝えるもの)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第12回一般社団法人定例事務局MTGの開催【ご案内】

船長からのお知らせ 2015年09月15日 10:29

11022414_10152662365771890_7282242328305905395_o.jpg夏の終わりかけに台風が折り重なり国土は豪雨に悩まされています。西之島、桜島、沖永良部島、白根山、箱根山、阿蘇山と火山も活動期に入っているようです。9月第一週週末に雨の間隙をぬって三宅島で植林地の下草刈りをしました。三宅島の雄山ももくもくと噴煙を上げていました。
さて、8月は事務局MTGはお休みしましたので、夏休みを挟んでの皆様との再会です。ゴッホの絵画、2つの道がありますね。さあ、後半戦に向かって前進させていきましょう!

日 時:2015年9月16日(水) 19:00〜(1時間程度)
場 所:エコカフェ大手町会議室
   (千代田区大手町2-6-2 日本ビル2F 潟xネフィットワンソリューションズ内)
    地 図:https://www.benefitone-solutions.co.jp/company/
テーマ:「後半戦に向けて 〜柔らか頭と可能性と実績〜」

※ご参加いただける場合は、人数確認のため事前に事務局までご連絡お願いします。終了後は、懇親会を予定しておりますので懇親会からのご参加の場合も、その旨ご連絡の程お願いいたします。

〇連絡先:事務局(03-5280-2377またはinfo@ecology-cafe.net)までご連絡ください。

写真:オルセー美術館(「オーヴェールの教会」ゴッホ作)@為藤

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

エコカフェの多様性は魅力のひとつでもある

船長からのお知らせ 2015年09月13日 10:04

150918宵のアナゴしゃぶしゃぶ@エコカフェ.jpg9月11日。ゲリラ的豪雨の合間を縫っての懇親交流。エコカフェ事務局の阿部さんを囲んでの勉強会があって、政府の制度や政策についてまじめに勉強をしている。[2015年9月11日撮影:銀座いさみ@yamazaki]

行政に関係する人たちの集まりのひとつであって、エコカフェの活動を多面的かつ立体的に俯瞰するための思考的訓練の場でもある。
150918宵の調べ@エコカフェ.jpg要するにみものの見方、とらえ方、組み立て方、ものへの接し方、そしてコミュニケーション能力を磨く場でもある。
といっても、いつもワイワイと主張しあって、特段のまとまり感があるわけではないのが面白い。
落語の世界のように話が、現実をついていて面白く、美味しいのである。

とりわけこの日は、江戸前のアナゴのしゃぶしゃぶによりバカ話に大輪の花が咲きました。こうして多様な要素がエコカフェに億深い魅力を創り出しているに違いありません。
交流の場は大切です。10月5日は、いつもの場所、いつもの時間に集合です!

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

お疲れさまでした

⇒自然観察会 2015年09月12日 18:08

1442048806513.jpg1442048826464.jpg素晴らしい自然観察会でした。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

多摩川は増水して

1442037925883.jpg1442037958542.jpg曼珠沙華が咲いています。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

流れのままに

1442026176201.jpg1442026187069.jpg水量はやや多いようです。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

変化にとんだ行程は

1442032055966.jpg1442032148308.jpg天狗岩に登りました。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

馬場家御師住宅は

1442025570386.jpg1442025658079.jpg家が森になっています。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ケーブルカー乗車

1442018295852.jpg1442018316856.jpg滝本駅を出発。楽しいですね。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

御岳山へ

1442017499104.jpg1442017593860.jpg天気もよいようで。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

奄美大島エコツアー

⇒エコツアー 2015年09月09日 18:45

039.JPG
130411奄美大島エコツアー_427.jpg
奄美大島の雄大な景色と自然体験を満喫しにいきませんか?
佐渡ヶ島に次ぐ大きさの奄美大島は、森が深く島の海岸線はリアス式のように入り組んでいます。
固有な動植物も多く、また島の歴史や食文化も豊かです。
島の魅力を凝縮した2泊3日のツアーを企画いたしました。
この機会にぜひご参加ください。

日程:2015年11月13日(金)〜15日(日)

募集人数:7名(10/27定員になりましたので、募集を締め切ります)

スケジュール
13日  11:30 羽田空港集合
     12:10 羽田空港出発
     14:35 奄美大島空港到着
           到着後は、エコカフェ絶滅危惧種保護センター訪問
           
           (オプショナルツアー:アマミノクロウサギナイトツアー)
     
14日   8:30 宿出発
      9:30 環境省野生生物保護センター訪問
           金作原原生林散策     

15日   8:30 宿出発
      9:30 マングローブ原生林カヌーで散策
     15:25 奄美大島空港出発
     17:15 羽田空港到着
           解散  

参加費:45,000円(往復航空券、ホテル、レンタカー代込)

宿 泊:ホテルニュー奄美(新館)(朝食付き)

※天候により、スケジュールの変更がありますので予めご了承ください。

申し込み先:一般社団法人エコロジー・カフェ事務局
      電 話:03-5280-2377
      メール:info@ecology-cafe.net

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島植林地の下草刈りを終えて

⇒森林づくり+α 2015年09月08日 07:22

11987059_890496571039014_7030980934221617731_n.jpg土日のお天気は何であったのだろうか。私たちの三宅島でのタブノキやヒサカキなどの植林地の下草刈りのために、神様が晴れ間をのぞかせてくれたとしか言いようがない。[平成27年9月5日撮影:第11回エコカフェみんなの森づくり@中村]

雄山の噴火口から吐き出された大量の真っ黒なスコリアが厚く堆積する足場の悪い急斜面地、成長の早いハチジョウススキに覆われながらも、タブノキたちは丁寧に植林した甲斐もあってしっかり根付いていたのがうれしかった。11947458_890496591039012_7749053712423067539_n.jpg11181683_890496544372350_1778604763250627145_n.jpg下草刈りは人の手により植林した苗は、放置しておくとハチジョウススキなどの成長の早い草木に覆われ、日光を失い枯れてしまうことになる。したがって、人の植えたものは競争に耐えるまでは面倒を見る必要がある。ただひたすらにススキをかき分け、苗木の周囲を鎌で刈り取っていく地道な作業が続く。この苦労こそ、主役の植林活動の裏側にある真の活動であるとエコカフェでは考えています。一般的には植林活動のほうがやっていて楽しいんですよね。しかし、下草刈りに、この活動の本質が隠されているのです。

10620683_890496661039005_3308076828457829079_n.jpgよい汗をかいた後は三宅島の大自然を満喫する。一緒に活動した仲間で語らい合って、自分を見つける良い機会にもなる。屈託のない、前向きな話が心を温かくしてくれる。そんな週末のひと時でした。次回も楽しみにしてください。


関連記事(ススキ原で植林した苗木探し)⇒

タグ:三宅島
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

私は私です

⇒森林づくり+α 2015年09月06日 12:29

1441509983854.jpg1441510031207.jpg灯台もと暗しでしょうか。
私の時間が流れます。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

伊豆岬で開放

1441509756961.jpg1441509785717.jpg1441509817553.jpg穏やかな海です。
穏やかな一時です。
心休まる一時です。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

早朝の大路池を

1441493110307.jpg1441493139309.jpg湖面には靄が立ち込めていました。
湿度が高く、よい汗をかきました。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

静まりの海に

⇒森林づくり+α 2015年09月05日 21:21

1441455415057.jpg1441455505017.jpg1441455521922.jpgおお、偉大なる日没に向け海が静まる。
やがて空に浮かぶ絹雲は赤く染まるだろう。
一艘の漁船が白い尾を引き港を目指す。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島三池港に入港

1441427321567.jpg1441427343749.jpg今回は13名の参加です。
なんと天気は晴れています。
運命の女神は微笑んでくれています。
とにかくラッキーです。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

自然観察会in御岳山

⇒自然観察会 2015年09月03日 13:56

R0014913.JPG

秋雨前線の影響で全国的に雨の多いここ最近ですが、一歩ずつ秋が近づいている気配が感じられます。
今回は、奥多摩にある御岳山を散策します。
滝のマイナスイオンを浴びて、大木からのパワーをいただき、夏の花レンゲショウマの遅咲きがみられるかもしれません。
皆様のご参加お待ちしております。

■実施日  平成27年9月12日(土)
■集合時間 午前9:05
■集合場所 JR青梅線 御嶽駅(みたけえき)

■自然観察会のテーマ
滝や古木の幽玄な雰囲気に包まれながら、たくさんの植物を観察しよう

○概 要:夏の山野草であるレンゲショウマや苔むした岩肌を見たり、樹齢一千年と言われている神代ケヤキと、古くから武蔵御嶽神社の神事の場として使われてきた綾広の滝を見て自然とその歴史を感じる。
○場 所:御岳山 ロックガーデン
○参加費:無料、但し、往復交通費、御岳駅からケーブル下までのバス代(片道280円)、滝本駅から御岳山駅までのケーブル代(片道590円)は各自負担
○対 象:会員

◎行程
9:05  御嶽駅→(徒歩で移動)→9:12御岳駅/バス乗車→(バスで移動)→9:22ケーブル下/バス下車→(徒歩で移動)→9:45滝本駅→(ケーブルカーで移動)→御岳山駅到着
9:55 御岳山駅→ビジターセンター→武蔵御嶽神社→長尾平→天狗岩→ロックガーデン→綾広の滝→天狗の腰掛け杉
15:00 解散

※コースは、お子様でも歩きやすいところです。
※昼食は各自ご用意下さい。(滝本駅や長尾平の売店で購入することもできます。)
※雨天の場合、滝等の水の量が増えて危険なため中止になることがあります。
※(参考)7:44新宿駅発(ホリデー快速おくたま3号)→9:01御嶽駅着


参加お申し込みは、9月11日までに事務局(info@ecology-cafe.netもしくは03-5280-2377)までご連絡ください。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

恵比寿神社の由緒は

ビーグル号の航海日誌 2015年09月02日 23:08

150824恵比寿神社@エコカフェ.jpg夏の終わり、夕闇の散策。JR恵比寿駅から西へ少し歩くと恵比寿神社が鎮座。古くから六柱神が祀られ、地域の人びとからは大六天様と呼ばれ親しまれてきたという。由緒は不明だが、祭神の名前を知れば古いことが知れよう。[2015年8月24日:渋谷区恵比寿@阿部]

創建は不詳。主祭神は国常立神、豊雲野神、角代神、意富斗能地神、伊邪那妓命、伊邪那美命、神代主命。昭和34年(1959年)、駅前から遷座した際、兵庫県の西宮神社から恵比寿神(神代主命)を勧請、合祀。150824恵比寿神社鳥居@エコカフェ.jpgその時に天津神社から改称したという。

三大恵比寿神社は京都、大阪今宮、西宮の恵比寿神社だそうです。恵比寿様は伊弉諾尊の第三子である蛭子尊(ひるこのみこと)と同一視されることがあります。


関連記事(蛭子神社は小町の鎮守)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ