しっとりとした小雨模様

ビーグル号の航海日誌 2015年08月30日 07:49

1440858943491.jpg真夏の暑さを忘れさせてくれるような
しっとりとした小雨模様です。
日曜日の静かな朝が開きました。
こんな日は終日のんびりと過ごしたいものです。
太陽がないと時刻も止まったような
心身までもがゆっくりと癒されます。



人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

新たな試みへの挑戦を

ビーグル号の航海日誌 2015年08月27日 23:21

1440676570666.jpg真夏の夜の夢
夢を実現するために
深く豊かな着想が湧き出る泉に
命のエネルギーがほとばしるほどに
かくも多様な人生経験をもった人びとが
好き勝手なことを言い放ち
それを知恵の輪でつないでゆくと
融通無碍の物語が生まれよう
1440676602451.jpg1440676649874.jpg納期は月内とし
磨きをかけてゆかん


人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

小さな感謝の心遣い

船長からのお知らせ 2015年08月26日 02:00

150824団欒@エコカフェ.jpg150824えびす駄菓子バー@エコカフェ.jpgエコカフェの運営はボランティアの皆様の」協力により成り立っております。
皆様の会費により効率的な運営に努めてきましたし。これからも方針は変わることはありません。
多様性をテーマの一つとしておりますが、理解の仕方は会員それぞれでもあるように思います。150824誕生会@エコカフェ.jpg
真理は自然界における大きな営みと私たちの生活のあり様の差分の理解にあるように思えます。
そんな面倒くさいテーマにいつもながらよく付き合ってくれるのが嬉しいです。


関連記事(夏本番、提案サポートミーティング!!)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

勝連城跡は琉球統一後の古の動乱を今に

ビーグル号の航海日誌 2015年08月24日 00:41

150625勝連城四の曲輪から@エコカフェ.JPG勝連半島の付け根に位置する山城。琉球王国のグスク及び関連遺産群として世界文化遺産に2000年に登録。築城は13世紀から14世紀頃と考えられ、最も古いグスクでもある。最後の10代目城主が阿麻和利(あまわり)。外国との交易で繁栄し、強大な力を有するに至った。[2015年6月26日撮影:沖縄本島中北部視察@阿部]

伝説では、初代城主は英祖王系2代目大成王の五男勝連按司。五代続き六代目に伊波按司の六男を養子縁組、7・8代目が浜川按司、9代目が茂知附按司。150625勝連城三の曲輪@エコカフェ.JPG150625勝連城一の曲輪から@エコカフェ .JPG勝連城は四の曲輪(郭)からなり、一番下の四の曲輪からなだらかに登ると三の曲輪に入る郭門跡(四脚門跡)に出る。三の曲輪から二の曲輪には3つの階段が取りついている。二の曲輪には按司の館である正殿跡があり、その手前の三の曲輪で肝高御嶽があり祭祀等儀式が行われた。二の曲輪から石段を登ると、垂直の絶壁が巡らされた一の曲輪に至り、拱門(石造アーチ式の門)跡があり、一の曲輪には瓦葺の建物があったとされます。

尚氏により1429年に琉球統一。それまでは首里城、今帰仁城、島尻大里城の三山。統一後も安定せず、勝蓮城が台頭、首里王府を脅かす。1458年、護佐丸・阿麻和利の乱により、最後の決戦が勝連城で戦われ、王府勝利で終結。勝連城は、琉球統一から安定までの動乱期を語ってくれているのです。


関連記事(パワースポット、斎場御嶽)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

お盆の沖釣りにて・・

気まま太公望 〜釣れ釣れなるままに〜 2015年08月14日 08:48

IMG_1455.JPGこんにちは。
毎日暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、久々の更新となります。
当方はお盆ということで、実家に帰ってきておりまして、本日は夜明け前に祖父と、弟と、自家用船で沖釣りへ。

水面では、バチャバチャと、魚が朝食を食べていました。
仕掛けは、ルアーと、底釣り用のサビキでスタート。

・・・

結果はというと、
1時間ほどで、地元では「ヒラ」という、アロアナとアジを混ぜたような魚が10匹と、
なんと真鯛が釣れました。
なんとなんと、75センチ、5kg。
もはや主のサイズでした。

真鯛用の仕掛けではなかったのですが、海は分からないものです。

しかしながら、釣れる魚や、水温、岩への海藻や貝類の付き方など、徐々に変化してきています。魚釣りが出来る海であって欲しいなと思いながら、扇風機と本で過ごす田舎の夏です。

--
寺中 祥太


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

何事もプロフェッショナルから

船長からのお知らせ 2015年08月09日 19:51

1438980955360.jpg茹だる様な真夏の夜。
下北沢の商店街は阿波踊り祭に沸騰。
次から次へと練り踊る幾つもの連、押し寄せる音と熱気に圧巻。
久しくの交流はサッカー指導者、良平さんや竹内さん、小野沢さんたち。
良平さんは日本女子代表の初代専任監督にも就任、クロップの哲学本を監修。
常識を打ち破り新しい世界を作り上げていくのか。
150807良平さん監修@エコカフェ.jpg150807サッカー人生談義@エコカフェ.jpg如何に
スポーツはルールのはっきりした勝負の世界。
勝たねば意味はないのだと。
プロから学ぶことは多い!


関連記事(夏本番、提案サポートミーティング!!)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島に緑を!

⇒森林づくり+α 2015年08月05日 12:39

R0015270.JPG今年の6月に行なわれた三宅島での植林活動は、タブノキ200本を植えてきました。
タブノキは、お香の原料になるそうです!いつか、エコカフェ香を夢見て!
今回の三宅島訪問の目的は、植林した場所の草刈です。
草を刈ることで、植林をした木が光を受けやすくなり育ちやすくなります。
植えっぱなしではなく、しっかりメンテナンスすることも大事なことです!

・日 程:2015年9月4日(金)〜9月6日(日)
・定 員:8名(定員になりましたので、募集を締め切ります8/10)
・参加費:【エコカフェ会員価格】30,000円、【一般価格】35,000円
     (往復船[特2等船室、2等船室]、宿泊、仮眠朝食)
・行 程:9月4日 22:00 竹芝桟橋集合 受付(第一待合所)
           22:30 竹芝発(橘丸)【特2等船室】
     9月5日  5:00 三宅島着
                仮眠休憩朝食
            8:30 宿出発
                草刈(今まで植林したところの草を刈る)
          12:00 昼食
                昼食後は自由(海水浴や釣りなど)
          16:30 温泉:「ふるさとの湯」、その後宿にて夕食
     9月6日 午前中  フリー
           (オプション:釣り、アカコッコ館、長太郎池、大路池等で鳥や魚、植物の観察)
          13:40 三宅島発(橘丸)【2等船室】
          20:45 竹芝着、解散

・持ち物:軍手、長袖、長ズホン、帽子、歩きやすい靴、洗面用具

申込締切日:8月21日(金)まで
      (定員になり次第締め切りますので、お早めにご連絡ください)

申し込み先:エコロジー・カフェ事務局
      電話:03-5280-2377
      メール:info@ecology-cafe.net

【主催】一般社団法人エコロジー・カフェ
【協力】三宅島森林組合、三宅村役場

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

夏本番、提案サポートミーティング!!

船長からのお知らせ 2015年08月01日 23:58

1438438670438.jpg夏本番、今日は余り知られていないが「水の日」である。
日中の暑さは半端なく湿度も高いことから息苦しさえ感ずるほどである。熱中症対策には水分補給が大切だ。
そんな昼下がり、召集があり、グランドプリンス高輪でエコカフェの緊急打ち合わせ。
品川駅からホテルに辿り着くまでのサクラ坂でびっしょり、頭からも汗が流れ出す始末でした。

1438438734837.jpg1438438770687.jpg会社を立ち上げ、ビジネスモデルを世に創出し、新たなアライアンスモデルをリリースまでに実質3年が経過しているが、極めて順調なスケジュール感であると思う。社会的な課題を解決していくベクトルもしっかり織り込まれている点が発展性を示唆してくれている。女性や高齢者の視点がどこまで生かしきれるかが勝負どころとなるが、その先には未来を担っていく子どもたちの像が結ばれているはずである。

それにしても、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシの複数の蝉たちの鳴き声が、暑さを一層演出してくれている。参加の皆さんに感謝です。


人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ