温暖化ガス削減目標の意味

⇒排出量取引・・・ 2015年05月07日 22:30

PC070046.JPG4月30日、政府は2030年までの温暖化ガス削減目標を2013年比26%削減とする目標を公表。意見公募を経て、6月にドイツで開かれるG7首脳会議で正式表明の運びとの報道があった。一方、米国は2025年までに2005年度比26〜28%減、EUは2030年までに1990年比40%減の目標を国連に提出済みである。


@ 原子力発電所の稼働(電源構成比で20〜22%)や再生可能エネルギーの普及(同22〜24%)
A 省エネ対策
B 代替フロン・メタン対策
C 二酸化炭素を吸収する森林の整備

削減内訳は@及びAで21.9%減、Bで1.5%、Cで2.6%と算出。3.11以降、火力発電が増加し、原発の再稼働が安全確保等の面で遅々としているが、原発再稼働を見切り発車させた感が否めない。原発再稼働反対の声もある中、国民への整合性のある分かりやすい説明が必要であろう。


人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ