丹沢大山のケーブルカーは

ビーグル号の航海日誌 2015年05月01日 20:00

150428大山ケーブルカー@エコカフェ.JPG丹沢大山(標高1252m)は古くから信仰の山とされてきた。江戸時代には大山信仰による大山講が開かれ、江戸庶民にとっては江ノ島詣と一緒に楽しんだのだそうです。山頂に阿夫利神社本社、中腹に下社があり、そこまではケーブルカーで楽々アプローチできます。[2015年4月28日撮影:丹沢大山@山崎]

この大山ケーブルカーは昭和40年(1965年)開業、今年50周年を迎えることから5月17日で一旦閉業し、10月1日には全線リニューアル・オープンとなるそうです。150428軌道@エコカフェ.jpg150428すれ違い@エコカフェ.jpg大山ケーブル駅から阿夫利神社駅まで全長0.8km、標高差278mを所要6分で結んでいます。ケーブルカーを利用しないで登山するとなると標高差900m超を全て足で稼がねばならない。健脚でナイト踏破は難しいでしょう。とするとオープンするまでの間は、山に静寂が訪れるのかもしれませんね。

引退前のケーブルカーに乗り納めができてよかったと思います。今度来るときは、リニューアル・オープン後になりそうです。それはそれで新たな楽しみの一つとなりそうです。


関連記事(大山阿夫利神社の由緒は)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ