春雨と桜

ビーグル号の航海日誌 2015年04月05日 22:29

1428214380842.jpg春雨に暖かな陽気も小休止といったところでしょう。
東京ではお花見のピークは過ぎた感があります。
枝から静かに離れ舞う花びらたちを静かに心にとめるのも趣があります。
咲く桜も散る桜も同じ桜ではあるが、不思議と違って見えます。
あと1週間もすれば枝々では桜色の花に代わり、若葉がいっせいに展開するでしょう。
葉桜といって、淡い新緑に萌え、桜の木はエネルギーに満ち満ちています。
1428214408389.jpg静かな春雨に散りゆく桜の花びらは次を若葉に託す強い意思表示なのですね。
染井吉野にとって最大のイベントは人のためにだけ用意されたものです。
何処にいても人々は違った風景の中で同じ愛でるための桜を見ているのです。
違った風景が違ったものに感じさせてくれるに過ぎないのです。
そしてそれはあなたの心の鏡なのかもしれません。


関連記事(衆議院憲政記念館国会前庭でお花見を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ