松江城は千鳥城ともいうが

ビーグル号の航海日誌 2014年12月28日 20:00

松江城2@山口香林.jpg松江城は島根県松江市にある城郭で、天守閣が現存し、国の重要文化財に指定。松江は古い街並みも残り、古今調和のとれた美しい都市です。一度はしっかり訪れたい町です。[写真:山口香林]

松江は江戸時代には松江藩の藩庁がおかれ、出雲地方の政治経済の中心。大政奉還が行われ、江戸から明治に時代が変わると、それまでの日本人の精神を支えるものの破壊が実施され、廃仏毀釈、廃藩置県に伴う廃城令もそれらのひとつである。文明開化、西洋文明が移入され、制度や慣習が大きく変化していった。松江城@山口香林_n.jpg松江城3@山口香林.jpgそうして、松江城は、天守以外が払い下げられて撤去、今日では城址公園として利用されているのです。

山陰地方では天守閣が現存する唯一の城跡。天守は複合式望楼型4重5階地下1階、江戸時代初期(1607年)に建造されたもの。象徴的な天守を芸術的な価値観のもと残せたのは幸いと言うしかありませんね。


関連記事(湖面を叩く雨滴のざわめきに)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ