アカシデ(赤四手)は赤っぽい?

ビーグル号の航海日誌 2014年12月11日 20:00

141130アカシデ@エコカフェ.JPG国立科学博物館附属自然教育園の武蔵野の植物コーナーのなかからアカシデを紹介します。名前の由来はシデの仲間で樹皮や葉柄、冬芽が帯赤色であること、見事に紅葉することにあるそうです。別名にコシデ、シデノキ、ソロノギ、コソロなどがあります。[2014年11月30日:自然教育園@山崎]

アカシデ(赤四手、学名:Carpinus laxiflora (Sieb. et Zucc.) Blume)はブナ目カバノキ科クマシデ属の落葉高木。分布は北海道南部、本州、九州、国外では朝鮮半島に及び、山地から丘陵地に自生。141130アカシデ樹皮@エコカフェ.JPG樹高は15mほど、樹皮は暗灰白色から暗灰褐色で滑らか、老木では縦筋状の窪みが多数走ります。葉は互生し、葉柄に淡褐色の毛が密生、葉身3pから7pほどの卵形から卵状楕円形、細かな重鋸歯で葉先は尖ります。側脈は7つから15対ほど。花期は4月から5月頃、雌雄異花、葉の展開と同時に花序を下垂させます。雄花序は前年枝の葉腋から、雌花序は本年枝先から、それぞれ下垂します。果穂は長さ5、6pで葉に似た果苞を疎らにつけ、その基部に堅果が隠れます。もちろん風散布します。

イヌシデクマシデに比べるとやや小型で、シイタケ栽培のほだ木や製炭材、公園木などに利用されます。この仲間はフィールドではなかなか見分けるのが難しいように思えます。


関連記事(サワシバ(沢柴)と柴刈り)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ