ツシマヤマネコ(対馬山猫)の保護活動は

⇒エコツアー 2014年11月24日 23:50

141109ツシマヤマネコ@エコカフェ.JPG対馬三日目。対馬野生生物保護センターで保護飼育中のシマヤマネコ「ふくまくん」が一般公開されています。私たちが訪問した時、ちょうど生餌(ハツカネズミ)を与える機会に恵まれました。優しい顔立ちにも拘らず、獲物を捕獲する際の俊敏な動きに驚かされます。[2014年11月9日撮影:対馬エコツアー@阿部]

ツシマヤマネコ(対馬山猫、学名:Prionailurus bengalensis euptilurus Elliot)は食肉目ネコ科ベンガルヤマネコ属のアムールヤマネコの地域個体群。141109ツシマヤマネコ捕食@エコカフェ.JPG天然記念物、国内希少野生生物種、環境省レッドリストで絶滅危惧TA類(CR)に指定。分布は対馬、国外ではモンゴル、中国大陸北部、東シベリア、朝鮮半島、済州島に及び、対馬では山間部や餌のある水田周辺などに棲息。体長は50pから60pほど、体重は3sから5sほど、耳の裏に白色の斑点が入るのが特徴です。食性は肉食性でネズミ、野鳥、ウナギや魚などの小動物を食します。山間部の耕作地の放棄による小動物の減少、交通事故や農家の仕掛けたトラバサミの犠牲、などが減少の原因のようです

センターの職員の方のお話では現在の棲息数は、推定で70頭から100頭と横ばいが続いているそうで、動物園での保護増殖活動に力を入れているそうです。種の保存の観点から危機的な状況が続いていると理解されます。


関連記事(アマミノクロウサギ(奄美野黒兎)は生きた化石)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

2014豆腐&大豆食品フェアで染野屋さんに

141124染野屋ブース@エコカフェ.JPG今日も静かな一日。午後から東京ブックサイトで開催中の「2014豆腐&大豆食品フェア」に出掛けました。参加無料ということもあり、大勢いの人が集い、各ブースをのぞき、熱心に説明を聞いているようでした。
会員の和田さんはご家族で来場、手作り豆腐体験教室に親子で参加していました。料理の好きな奥さまには人気ですね。子どもたちに早いうちから料理に興味を持たせることができます。料理は科学実験に似ているような気もします。

141124染野屋ブース幟旗@エコカフェ.JPG創業文久二年の「染野屋」さんのブースで豆腐セットや豆腐ヨーグルト、豆乳入りのもちもち焼そばなどを購入いたしました。染野屋の小野社長は「大豆が世界の飢餓で苦しむ子どもたちを救うことができるのではないか」と考えている。節分会の豆まきは全国的な行事。日本昔話に『大豆の神様』という、大豆が九州地方の土地の痩せた村を救う話がある。そもそも大豆は、古くから伝わる日本の習慣や神事にも数多く登場するのが興味深いですね。


関連記事(枝豆と黒豆は)⇒

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ