上対馬町鰐浦の韓国展望所から

⇒エコツアー 2014年11月23日 06:00

141109韓国展望所@エコカフェ.JPG対馬三日目。比田勝の宿から韓国展望所を目指す。朝鮮半島の釜山まで距離にして49.5q、天気の良い日には韓国展望所からは釜山の山並みが遠望でき、夜には夜景が水平線上に浮かびあがるそうです。[2014年11月9日撮影:対馬エコツアー@阿部]

手前にある海栗島(うにしま)には航空自衛隊のレーダー施設があり国境の警備を担当しているそうです。灯台があるのが三ツ島。展望所のある断崖下斜面はヒトツバタゴの群生地となっているそうです。141109海栗島@エコカフェ.JPG花のないこの季節では存在を確認することは難しいですね。展望所周辺は鰐浦韓国展望公園として整備されており、「朝鮮国訳官使遭難追悼碑」が建立されています。元禄16年(1703年)、宗義真の弔問に訪れた朝鮮国訳官使の乗った船が海栗島沖で座礁し、転覆沈没し、112名全員が尊い命を落とすといった事件があり、慰霊するためのものと記されています。

展望所の中にはパネルが展示されていて、天気の良い日に眺望できるとする釜山の昼間と夜の様子などが紹介されています。一度は必ず訪ねたいところです。


関連記事(金石城跡は今に何を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
タグ:対馬
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ