梅雨明けが遅れ気味で

ビーグル号の航海日誌 2014年10月13日 04:45

140630マダガスカルホシガメ@エコカフェ.jpg絶滅危惧種保護センターからの2014年度6月のリクガメレポートです。奄美大島では今年の梅雨入りは5月5日頃で平年より6日早く、梅雨明けは7月4日頃と平年より5日ほど遅く、梅雨が長かったということになります。相変わらずブログへのアップが遅れていてすみません。[6月30日詳細レポートはこちら⇒

梅雨が明けると観光客が増え島は賑やかになります。

梅雨空が続き、マダガスカルホシガメは雨の日は余り動かずに過ごしています。140630コキサカオウム@エコカフェ.jpgお天気次第、仕方ありません。観光客も少なく、島は静かな時間が流れています。
コキサカオウムも、相変わらず大人しく過ごしています。こちらから声をかけると返事をしてくれるのですが。

by 絶滅危惧種保護センター 勝島


関連記事(5月は奄美大島では梅雨入り)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

5月は奄美大島では梅雨入り

140525マダガスカルホシガメ@エコカフェ.jpg絶滅危惧種保護センターからの2014年度5月のリクガメレポートです。この秋は奄美大島は台風襲来で大変だそうです。HPに比べブログへのアップが遅れていてすみません。[5月25日詳細レポートはこちら⇒

5月と言えば、梅雨入りです。その頃になると保護センターの敷地の片隅にあるゲットウの花が咲き始めます。

マダガスカルガメたちは戸外でお天気とともに暮らしていることがよくわかります。140525コキサカオウム@エコカフェ.jpg涼しい時は活発に歩き回り、よく晴れた暑い日は日陰でじっとしています。
コキサカオウムのほうは、中睦まじいのですが、これまでと違って静かに暮らしています。新しい巣箱をしきりにかじるので、巣箱の破壊だけは着実に進んでいます。

by 絶滅危惧種保護センタ長 勝島


関連記事(マンゴーの花咲く春到来!)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ