東京愛らんどフェア「島じまん2014」は

ビーグル号の航海日誌 2014年05月25日 21:29

140525東京愛らんどふぇあ2014会場風景@エコカフェ.JPG竹芝桟橋の竹芝旅客ターミナルを会場にして『東京愛らんどフェア「島じまん2014」』をのぞいてみました。松崎さんは「小笠原・硫黄島クルーズ」のためにっぽん丸に乗船して東京湾をゆっくり南下中です。

伊豆大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島の伊豆諸島、小笠原諸島を紹介するブースが所狭しと並んでいます。着いた時間が遅かったため、食べ物は完売状態でした。それにしても大賑わいです。島の特徴、要は違いをもう少し強調してPRされると、140525小笠原海運ブース@エコカフェ.JPG140525雑踏A@エコカフェ.JPGこっちも、そっちも、あっちも、行ってみたいとなるのではないでしょうか。

イベントで物質的欲求を満たすには、お出かけは午前中に限りますね。島出身の方と島民の方の交流の場にもなっているのはよいですね。次回は「島嶼物語り」を期待したいですね。いやはや。


関連記事(東京愛らんどフェアに誘われて)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ