寒い季節の到来in奄美大島

船長からのお知らせ 2014年04月16日 07:10

131129マダガスカルホシガメ@エコカフェ.jpg絶滅危惧種保護センターからの2013年度11月のリクガメレポートです。レポート掲載が遅れていてすみません。[11月29日詳細レポートはこちら⇒

奄美は,寒い季節になり、季節が変わったと実感しています。
島の植物は紅葉はしませんが、道端の草花が少なくなり蜘蛛があちこちに巣をはり季節が変ったんだなと思い、またこれからの時期はまた違った島の顔が見られのではと思います。131129マダガスカルホシガメ2@エコカフェ.jpg

季節が変わり寒くなってからは、カメは一日じっとしている事が多くなり食べる餌の量も減ってきていて全く食べない日もあります。
この季節のカメは暖かい日にしか活動をしない事もあり何処か寂しく感じます。



関連記事(日照り続きと久しぶりの雨にin奄美大島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ヒヨドリバナ(鵯花)は林縁で

130908ヒヨドリバナ@エコカフェ.JPG昨年秋、檜枝岐村を視察訪問した。本来の目的は村民歌舞伎を考えることにあった。もちろん、自然観察も欠かせない。檜枝岐御池ロッジから尾瀬ヶ原に向かう登山道は湿原の多様な植物を観察することができる。ここでは、入り口付近の林縁でみたフジバカマに似た花を紹介します。葉の様子からヒヨドリバナでしょう。[2013年9月8日撮影:檜枝岐歌舞伎視察@山崎]

ヒヨドリバナ(鵯花、学名:Eupatorium makinoi L.)はキク科フジバナカ属の多年草。分布は日本各地、国外では朝鮮半島、中国に及び、林道の脇、草原や渓流沿いなどの日当たりの良い場所に自生。草丈は1mから2mほど、茎は立ち上がり縮短毛が生え、葉は対生し、葉身10pから15pほどの卵状長楕円形で葉縁に粗鋸歯、葉先は尖ります。花期は8月から10月頃、茎頂に散房花序をだし、白色から淡紫色の筒状花を密に咲かせます。

名前の由来は鵯が山から里に下りて鳴き声が聞こえる頃に咲くことにあるそうです。ヒヨドリバナは、有性生殖だけではなく無性生殖で増殖するタイプのものがあるそうです。


関連記事(ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)は花盛り)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ