奄美大島は初夏の香り

ビーグル号の航海日誌 2014年04月10日 23:24

DSC_1047.jpgDSC_1041.jpg 東京も夏日の陽気でしたが、奄美大島の風は初夏のよう!
気持ちのいい風と景色に心も体も癒された!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ハハコグサ(母子草)は古く草餅に

140316ハハコグサ@エコカフェ.JPG千葉市大草谷津田にある田んぼの畔にもようやく春がやってきたという。3月2日の大雪が解けたのが訪れた日の1週間前。畔にはカントウタンポポ、ヨモギ、ハハコグサなどが見られました。ハハコグサは春の七草のひとつで「御形(おぎょう)」とも呼ばれます。[平成26年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]

ハハコグサ(母子草、学名:Gnaphalium affine Gnaphalium)はキク科ハハコグサ属の越年草。分布は中国、インドシナ、マレーシア、インドに広く、日本には古く麦の伝来とともに朝鮮半島経由で移入、人里の道端や水田畔などに自生。140316ハハコグサを観察風景@エコカフェ(寺中、玉木).JPG史前帰化植物丈は10pから30pほど、冬期はロゼット状の根出葉、春に茎を伸ばし根元でよく分枝、茎葉は2pから6pほどのへら形か倒披針形。葉と茎には白色の綿毛が生えます。花期は4月から6月頃、茎先に頭状花序をつけ、小さな筒状花の集合した頭花を多数つけます。両性花の周囲に細い雌花がつき、花柱は花冠より短く、総苞は球状鐘形、総苞片は淡黄色。果実は長径約0.5mmほどの長楕円形の痩果、長さ約2oほどの冠毛がつきます。

古く母子草は草餅の材料に使われたが、母子を臼と杵でつくのは縁起が良くないとされ、平安時代頃から次第に蓬が取って代わられたそうです。全草を細かく裁断し日干ししたものをお茶とし、咳止めや内臓によい健康茶とするそうです。


関連記事(ヨモギ(蓬)は健康万能薬)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ガジュマル(細葉榕)は絞殺しの木

140314ガジュマル@エコカフェ.JPG沖縄では防風や防潮のために植栽、「妖精の棲む木」とも信じられています。八重山群島の黒島でも牧草地の中に忽然とガジュマルの森が見られます。日陰をつくり、牛たちの休息場所になっているようです。[2014年3月14日撮影:黒島@山崎]

ガジュマル(細葉榕、学名:Ficus microcarpa L.f.)はイラクサ目イチジク属クワ科の常緑高木。分布は南西諸島、国外では東南アジアやインド、オーストラリアなどの熱帯地方に広く、海岸低地や山地、岸壁、樹上などに自生。樹高は20mほど、幹は多数分枝し、褐色の気根を多数垂らし、太りながら複雑に絡み合います。140314ガジュマル@エコカフェ.JPG成長した気根は岩やコンクリートさえ突き破り、他の木に宿った場合は絞殺してしまうことになります。枝には輪状の節ができ、葉は互生し革質で厚く、葉身5pから10pほどの楕円形か卵形で全縁、葉先は尖ります。花期は通年、枝先に径約7oの無花果状の陰頭花序をつけ、内部に雄花と雌花を多数咲かせます。果実(花嚢)は径約1pの無花果状、紅色か黒紫色に熟します。ヤエヤマオオコウモリや小鳥たちが好んで食べます。

ガジュマルの変種に尖閣諸島に自生する低木状で葉先が円頭のものが知られ、生け垣や盆栽として好まれるそうです。小笠原諸島の父島や母島などでは人為的に持ち込まれ、旧住居跡を覆い尽くすようにこんもり森をつくっています。


関連記事(ツマムラサキマダラ(褄紫斑)も北上中)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

タグ:黒島 広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ