行儀正しい若牛たちに

ビーグル号の航海日誌 2014年03月22日 15:06

140314出港待ちの子牛たち@エコカフェ.JPG黒島2日目。石垣島へ向け旅立つために黒島港に着くと、昨日、せり場の牛舎に繋がれていた若牛たちがJAの搬送船に乗せらていた。

海のほうを向いて整列している。数え切れないがゆうに60頭を越えるだろうか。農家さんが大切に育てた子牛たち。

黒島の経済は観光ではなく畜産業で成り立っているという。それも戦後のこと。最近では島を離れた若者が帰って来て後を継ぐ事例が見られるようになったという。

140314搬送中の子牛@エコカフェ(黒港島).JPG140314黒島港@エコカフェ.JPG病院のないこの島にはもちろん獣医もいない。病気にかかって亡くなる牛たちもいるそうだ。今年、黒島中学校を卒業し、島を離れ高校入学する学生は3名だった。

そのうちの一人、又吉海智くんは将来、獣医になり島に貢献したいと語っていたのが印象的でした。船道さんの計らいで、お祝いの席に招かれ、吉濱校長先生はじめ島の人たちとたくさん交流できました。


関連記事(黒島では子牛飼育が盛ん)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ