ウスタビガ(薄足袋蛾)の繭

⇒自然観察会 2014年03月20日 23:02

140316ウスタビガ繭@エコカフェ.JPG千葉市の大草谷津田の周囲はすっかり宅地開発されてしまっています。そんな中で地主の方のご好意で残され、自然観察ためのよきフィールドとなっています。丘陵崖下の散策路に張り出した小枝に繭がぶら下がっていました。ウスタビガの繭だそうです。[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]

ウスタビガ(薄手火蛾、薄足袋蛾、学名:Rhodinia fugax Butler)はチョウ目ヤママユガ科のやや小型の蛾。分布は北海道、本州、四国、九州、国外では朝鮮半島、中国、ロシア南東部に及び、都市部以外で普通に生息。140316ウスタビガ@エコカフェ(大草谷津田).JPG成虫の出現時期は10月から11月頃、開張は♂75-90o、♀80-110o、体色は♂暗褐色から黄褐色、♀黄色、共に翅に半透明の目玉状斑紋がつく。卵で越冬し、4月頃に孵化、6月頃に繭、幼虫の食草はブナ科(クヌギ、コナラ、カシワ)、バラ科(サクラ)、ニレ科(ケヤキ)など。幼虫に触れると「キュー」と音を発するという。

繭は淡黄緑色、上部に折蓋、下部には雨水を流す小さな穴があります。上部を触れると蓋が折れ中はもぬけの殻でした。名前の由来は繭が提灯「手火」や「足袋」に似ていることにあるそうです。


関連記事(オオミズアオ(大水青)は月の女神)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ヨモギ(蓬)は健康万能薬

140316ヨモギ@エコカフェ.JPGヨモギと言えば草餅。指導員の山岸さんの説明。古くは春の七草のひとつであるハハコグサ(母子草)を利用したという。沖縄そばに入れるフーチバーは近縁種ニシヨモギのことです。ヨモギはお灸のもぐさや漢方の原料としても使われるなど、私たちにとって健康維持のために役立ってきたのだそうです。[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]

ヨモギ(蓬、学名:Artemisia princes Pamp.)はキク科ヨモギ属の多年草。分布は本州、四国、九州、小笠原諸島、国外では朝鮮半島に及び、草地や道端などに自生。草丈は50pから120pほど、地下茎は横に伸び、茎はよく分枝。地下茎からアレロパシー物質をだす。葉は互生し、茎上部で披針形、茎中部以下で菊葉のように羽状深裂、裂片縁に不規則な鋸歯。葉裏には茎と同様に白い綿毛が密生。葉の付け根には仮托葉がつくのが特徴です。花期は8月から10月頃、茎下部の葉は枯れ、枝先に複総状花序をだし、下向きに頭状花を幾つも咲かせます。風媒花。頭状花は径約1.5oの中心部に両性花2個、周囲に雌性花4個がつく。果実は長さ約1.5oの痩果、冠毛はつきません。

独特の香りはシオネール、ツヨン、ボルネオールなどの成分による。茎葉を乾燥したものを民間薬「艾葉(がいよう)」といい、胆汁分泌促進、食欲増進、止血、胸焼け、便秘・下痢などに効くという。また、クロロフィル殺菌作用、免疫のインターフェロン増強作用、血中コレステロール低下作用、浄血作用なども知られるそうですよ。


関連記事(キヅタ(木蔦)は膿み出しに)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

キヅタ(木蔦)は膿み出しに

140316キヅタ果実@エコカフェ.JPG大草谷津田にある雑木林の林縁でキヅタの観察です。指導員の山岸さんから「キヅタは葉をごま油で練って患部に湿布して膿を出すために利用したんですよ。」と説明。別名にフユヅタともいう。[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]

キヅタ(木蔦、学名:Hedera rhombea (Miq.) Bean)はウコギ科キヅタ属の常緑つる性木本。分布は北海道南部、本州、四国、九州、南西諸島、国外では朝鮮半島南部に及び、照葉樹林内や林縁、原野などに自生。140316キヅタ@エコカフェ.JPG茎は太さ径約6pにもなり灰色で皮目、不定根をたくさん出し、他の樹木や岩などを這い上がります。葉は互生し厚く革質で光沢、葉身3pから7pほど、花序のつく枝の葉は菱形状卵形か卵状披針形、花序のつかない枝の葉は浅3裂か5裂、全縁。若葉は褐色の星形の鱗状毛、やがて脱落。花期は10月から12月頃、茎先に径約3pの球形の散形花序を数個だし、黄緑色の5弁花を多数咲かせます。雄蕊5本。果実は径9o前後の球形の液果状核果、中に種子が5個、翌春に黒紫色に熟します。

葉にはヘデリン(サポニン)を含み抗菌作用などがあることから、腫れ物(寄生性皮膚病)に効能があるということらしいです。


関連記事(ノビル(野蒜)はお料理に)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ