スイバ(酸い葉)は仏料理にも

⇒自然観察会 2014年03月18日 22:18

140316スイバ@エコカフェ.JPG丘陵を抱える地域にはかつて数多くの谷津田があり、雑木林と田んぼが多様な生き物を育んできた。今日では都市化が進み多くの谷津田が住宅地となってしまった。大草谷津田は今に残る貴重な谷津田のひとつです。ここでは畦道沿いでみたスイバを紹介します。地域によってはギシギシ、スカンポとも呼ばれます。[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]

スイバ(蓚・酸い葉、学名:Rumex acetosa L.)はタデ科ギシギシ属の多年草。分布は北海道、東北、四国、九州、国外ではアジア、ヨーロッパに広く、田畑の畔道や土手などに自生。草丈は50pから80pほど、茎は直立し縦筋が入り帯紅色、根茎は太く木質化し黒褐色、根生葉は有柄、葉身10pほどの長楕円状披針形で基部が矢尻型、茎葉は互生し無柄で茎を抱く。冬期には帯紅色の根生葉が残ります。花期は5月から8月頃、雌雄異株、茎頂に円錐状の花穂をだし、淡緑色の小花をたくさん咲かせます。萼片6枚、雄花は雄蕊6本、雌花は赤紫色の糸状の雌蕊がつく。果実は痩果で帯紅色で萼片3片が翼状につきます。

若い芽をあく抜きしてほうれん草代わりに食します。葉にはシュウ酸を多く含むので大量摂取は進めません。また、春の根茎を洗って干したものは、生薬「酸模(さんも)」として利尿剤として使われるという。ヨーロッパでもソレルといい、仏料理ではポタージュやオムレツなどによく使いますよ。


関連記事(ペンペン草こと、ナズナ(薺)は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ