ヨモギエダシャク(蓬枝尺)

ビーグル号の航海日誌 2014年03月01日 22:20

110722ヨモギエダシャク@エコカフェ.JPG京都大学フィールド科学教育研究センター附属芦生研究林の森は植物相が豊かなことは何度も紹介しているが、昆虫相も同様であると思う。何度か公開講座でお世話になった時に木絵臆しているものの中から昆虫を紹介します。ここではヨモギエダシャクを取上げます。[2011年7月22日撮影:芦生公開講座2011@山崎]

ヨモギエダシャク(蓬枝尺、学名:Ascotis selenaria cretacea
)(Butler)) はシャクガ科の蛾。分布は本州、四国、九州、対馬、種子島、屋久島、奄美大島、小笠原諸島、国外ではアジア、ヨーロッパ南部からアフリカに及びます。出現時期は5月から9月頃。翅開張は3.5pから5pほど、体色は灰色、灰黄色、帯黒色まで多様です。前・後翅とも横脈上に環状の黒紋があり、外横線は鋸歯状、前翅裏面の翅頂部は黒褐色で白紋が入ります。雄の触覚は微毛状、雌では糸状です。幼虫は体調55oから60oほどのシャクトリムシ(尺取虫)、第2腹節の疣起が目立ちます。成虫は花の蜜を吸い、幼虫はキク、ヒメジョオン、ブタクサ、アズキ、クズ、クリミズキアカメガシワなどの葉を食します。蛹で越冬します。

エダシャクとしては大形で、淡褐色型、暗褐色型、緑色型の3タイプが知られ、各々の疣起や気門の色調なども異なるようです。北海道に生息する個体は別種とされているそうです。


関連記事(オオシマトラフハナムグリ(大島虎斑花潜)は森の宝石)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

大人の雪あそび

DSC_0963.jpg ちょっと斜面の上にのぼり、天然の滑り台!
大人も子どものようにはしゃぐことが大事!
楽しかった〜!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

冬の五色沼は

DSC_0954.jpg秋の頃よりも色が濃くみえる。
雪があるので、遊歩道からはずれ林の上から沼をみることができた!
歩いていると、野鳥の鳴き声がすごいところがあり、時折足を止め耳をすませた。
風もなく穏やかな日だが、まだまだ先だと思っていた春が間近に感じた鳥の声だった。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

北塩原村

DSC_0946.jpg 到着!
思ったほどの積雪はなく、気温も暖かい感じ。
宿のオーナーで、ガイドもしていただく鈴木さんいわく「春だよ(笑)」
これから、雪景色の五色沼散策にでかけます!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ヒカンザクラが満開!

DSC_0886.jpg まだまだ寒い毎日ですが、だんだんと春が近づいているようです!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

オオシノブゴケ(大忍苔)のミクロ美

オオシノブゴケ@エコカフェ.JPG芦生の深い森の中で我を忘れ苔の世界に身を投じる。そこには全く違ったミクロの世界が広がっている。自然が成せる最高のミクロ芸術のひとつである。無駄のない営みとフラクタルな規則正しい造形の世界観に深く誘われます。オオシノブゴケでしょうか。[2011年7月22日撮影:芦生公開講座2011@阿部]

オオシノブゴケ(大忍苔、学名:Thuidium tamariscinum (Hedw.) Bruch et Schimp.)シノブゴケ科シノブゴケ属の蘚類。分布は日本全土、中国、ロシア、ヨーロッパ、ジャマイカと広く、山地の薄暗い湿った岩上や腐木上に群生。草丈は1pから3pほど、茎は黄緑色から緑褐色、仮根をだし20pも這う。枝は2、3回羽状(階段状)に平面方向に伸び、枝長は約1p、葉は枝葉と茎葉の二形。茎葉は長さ1oから3oほどの広卵形で縦皺が目立ち、葉先は尖るが透明尖はない。茎と枝には無数の毛葉がつく。枝葉は長さ0.5oと小さく、鋭いパピラ1個がつく。雌雄異株。胞子体の剳ソは2pで赤褐色、凾ヘ横向きに暗褐色です。

同じ仲間にやや小型のコバノエゾシノブゴケ、茎葉の先が尖り透明尖がつくトヤマシノブゴケが知られます。となるとオオシノブゴケであると断定できなくなってしまうのです。美しさを堪能すればよいのではないでしょうか。


関連記事(ホソバコケシノブ(細葉苔忍))⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ