覆い被さるようなオオメシダ(大雌羊歯)

ビーグル号の航海日誌 2014年02月12日 23:35

100619オオメシダ@エコカフェ.JPG川苔山(標高1364m)へ向かい林道の法面は多様なシダ植物が生い茂っています。ひときわ大きなオオメシダもそのひとつです。[2010年6月19日撮影:川苔山@阿部]

オオメシダ(大雌羊歯、学名:Deparia pterorachis (Christ) M.Kato)はイワデンタ科オオシケシダ属の大型の夏緑性シダ植物。分布は本州中部地方以北、北海道に及び、山地から亜高山帯の湿った林下や林縁に自生。草丈は80pから200p近く、根茎は塊状、葉は混生し、葉柄40pから80pほどで基部は太く鱗片が密、葉身50pから100pほどの長楕円形から広披針形。2回羽状深裂、羽片は15対から20対ほどつきます。胞子嚢群(ソーラス)は裂片の裏側中肋と片縁の中間に1列並ぶ。形は長楕円形、鉤形、馬蹄形が混在し、包膜が残ります

似ているものにオシダやミヤマメシダなどがあるが、オオメシダは羽片が完全に切れ込まずに、羽軸に沿って翼のように連続して繋がっているのが特徴のようです。それにしても大きく育つようです。


関連記事(ホシダ(穂羊歯)は南方系!?)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

小田原梅まつり

1392200227922.jpgIMG_5854.jpg

211日(火)に小田原まで「小田原梅まつり」に行って参りました。




 



神奈川県小田原では今から約600年以上も昔、北条氏の時代に梅の実を兵糧用にするため、城下に多くの梅の木が植えられました。それが江戸時代には、小田原藩主の大久保氏により梅の栽培が奨励され急速に増えました。さらに、箱根越えの拠点としての宿場町として、旅人の必需品(弁当の防腐、のどの渇きを癒す、健康食品)としても梅干が重宝されました。その小田原の中で曽我梅林では、食用の梅を生産するとともにその花の美しさ、可憐さ、高貴さを楽しんでいただきたく、約40年ほど前に地元農家が実行委員会を作り、梅祭りを開催するに至りました。曽我梅林は、中河原・原・別所(当地)の各梅林からなり、約35,000本の白梅が植えられています。食用梅の生産が目的のため、その殆どが白い花の白梅になっています。(引用:小田原梅まつりHPより)





梅の花が非常に綺麗で、寒さも忘れ見物。




また、当日は流鏑馬が催され、私の友人も出たため応援も頑張りました。



梅の花は咲いていますが、まだまだ寒い日が続く2月。 




しかしながら、春がゆっくり近づいてきているのを実感した祝日でした。



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ