クマイザサ(九枚笹)はチマキザサ(粽笹)

ビーグル号の航海日誌 2014年02月07日 21:20

110812クマイザサ@エコカフェ .JPG北海道は構造的に東西に二分、東側は島弧前縁堆積物が衝突。1300万年前頃の造山運動で日高山脈は誕生。その主峰である幌尻岳(標高2053m)は山体の上部に氷河痕跡「七つ沼カール」を伴い、登山道脇には積雪量がやや少ないため、多雪型のチシマザサ(ネマガリダケ)でなくクマイザサが繁茂しています。別名にチマキザサともいいます。[2011年8月12日撮影:幌尻岳@澤尚幸]

クマイザサ(九枚笹、学名:Sasa senanensis Rehd.)はイネ科ササ属の単子葉植物。分布は北海道、本州日本海側、千島列島、樺太、朝鮮に及び、冷温帯・亜高山帯に広く自生。草丈は100pから180pほど、地下茎は長く横走、棹は中空で途中で分枝。葉は3枚から9枚を掌状につけ、葉身30pほどの長楕円形、葉先は尖る。葉表は無毛で葉裏に軟毛が生えます花期は5月から6月頃、数十年に一度、棹基部から花柄をすーっと長く伸ばし、先に円錐花穂を直立、疎らに分枝し、小穂を多数つけます。小穂は長さ2pほどで4個から11個ほどの花を咲かせます。

北海道では、日本海側には棹上部で分枝する大型のチシマザサ、全域のクマイザサ(チマキザサ)、太平洋側には葉が細く密使するスズタケ、小型で毎年茎が伸び分枝しないミヤコザサの4種の笹が知られます。チマキザサは葉裏が無毛とする説もあるそうです


関連記事(クマザサ(隈笹)の広がり)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

未開の森と南島をめぐる父島満喫の旅[ご案内]

080619おーい@エコカフェ.JPG父島南部を縦断する未開のコース、小港海岸から東海岸を踏破しよう。森、海、太陽、闇、落差の大きい自然の圧倒的なパワーを満喫しよう!大洋島の植物進化のなぞに迫ろう!!

日 程2014年4月26日(土)〜5月1日(木)
・4月26日 9:00竹芝桟橋集合、10:00出航
・4月27日 11:30二見港入港、19:00ナイトツアー
・4月28日 8:00一日中海、南島上陸、ドルフィンスイミング080621南島扇池@エコカフェ.JPG
・4月29日 8:00父島縦断トレッキング
・4月30日 13:00二見港、14:00出航100507丸山方面眺望@傘山山頂.JPG
・5月 1日 15:30竹芝桟橋入港
代 金:106,800円(4名部屋)〜114,800円(2名部屋)
宿 泊:クレセント
船 舶:おがさわら丸2等船室
定 員:9名

主催:特定非営利活動法人エコロジー・カフェ
旅行企画・実施:株式会社ナショナルランド

詳細案内はこちら⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(4) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ