ソバナ(岨菜)はブナ帯で清楚に

ビーグル号の航海日誌 2014年01月27日 21:55

130817ソバナ@エコカフェ(白山).JPG霊峰白山(標高2702m)へ向かうブナ帯を進む登山道脇の林縁の草むらで見た清楚な花。蕾が紙風船を畳みかけたような形をしていることからキキョウの仲間。ソバナです。[2013年8月17日撮影:白山登山@中村敏之]

ソバナ(岨菜、学名:Adenophora remotiflora (Sieb. et Zucc.) Miq.)はキキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。分布は本州、四国、九州、国外では朝鮮半島、中国、ウスリー地方に及び、山地の林縁や沢沿いなどに自生。130817ソバナ@エコカフェ.JPG草丈は50pから100cmほど、茎は直立ないし斜上、葉は互生し、葉身5cmかた10cmほどで茎上部ほど小さく、茎下部では葉柄が長く広卵形、茎上部では広披針形、何れも葉縁に粗鋸歯、葉先は尖ります。花期は8月から9月頃、茎頂から円錐花序を伸ばし、淡青紫色の花を疎らに下向きに咲かせます。花冠は長さ2、3pほど、先端が5浅裂し広がり、雄蕊5本、雌蕊花柱3裂、萼片は披針形です。果実は刮ハ、熟すと下部が裂け種子が散布されます。

ソバナの若芽は山菜として食されるそうです。ソバは方言で「ヤマソバ」、漢字で「蕎麦菜」とも書くという。昔、飢饉の時に、若葉を蒸して刻んでからお粥にしたという。蕎麦代わりに食べたという凄者なのです。


関連記事(高山植物の魅力(108)/ハクサンシャジン(白山沙参))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:白山 広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

高山植物の魅力(119)/ハクサントリカブト(白山鳥兜)

130817ハクサントリカブ@エコカフェ.JPG霊峰白山(2702m)の登山道脇の草地で数株のトリカブトを確認しました。調べてみると白山の高所にはミヤマトリカブト、タカネトリカブトの亜種リョウハクトリカブトとそれらの雑種が起源とされるハクサントリカブトが知られる。ここでは花柄の毛のつき方からハクサントリカブトとします。[2013年8月17日撮影:白山登山@中村敏之]

ハクサントリカブト(白山鳥兜、学名:Aconitum hakusanense Nakai)はキンポウゲ科トリカブト属の多年草。日本固有種。分布は本州中部地方以北から東北地方南部に限り、高山の水分条件の良い場所に自生。草丈は40pから100pほど、茎葉直立、葉は円心径で5深裂しさらに細裂、葉脈に曲がった毛が生えます。花期は7月から9月、茎頂に穂状花序をだし数個の青紫色の花を咲かせます。

他のトリカブトと同じように花の形が「鳥兜」に似ており、根には毒成分(ジテルペン系アルカロイド)があります。花言葉は「人嫌い」「騎士道」「復讐」「栄光」だそうです。


関連記事(高山植物の魅力(118)/ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

天然浜ではカニの食害が多い!

131031総合学習@エコカフェ.jpg2013年度11月のアオウミガメレポートです。小笠原諸島父島での小笠原海洋センターとの協働の小笠原小学校の5年生の総合学習も9年目。子どもたちはアオウミガメのお世話もすっかり慣れました。計測や水槽清掃の手慣れたもの、フィールドに出てのふ化率調査も積極的に取り組めました。
11月詳細レポートはこちら⇒ ]

・10月31日:定期計測&水槽清掃
・11月3日天然ふ化率調査131103総合学習@エコカフェ.jpg

扇海岸で3グループに分かれふ化率調査。産卵巣の位置出しから穴掘り、卵の仕分けまで全てを実施しました。ふ化殻とカニ害(スナガニの食痕)が確認。子どもたちはカニ害が多いことを実感していました。自然下で生き抜くことは厳しいのですね。一方で、いのちが循環しているんですよ。


関連記事(世界のウミガメの食文化に驚嘆!)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ