金戒光明寺は大本山くろ谷さん

ビーグル号の航海日誌 2014年01月23日 02:13

130731金戒光明寺.jpg130731金戒光明寺@青柳_n.jpg京都左京区黒谷町にある金戒光明寺は浄土宗の寺院。創建は1175年(承安5年)、知恩院とならぶ格式、七大本山のひとつ。山号は紫雲山、開基は法然、本尊は阿弥陀如来です。会津藩や新選組、「八重の桜」主人公新島八重のゆかりの寺でもあります。[2013年7月31日撮影:京都左京区@青柳]

比叡山延暦寺西塔の黒谷から下山した法然上人が、小庵を結んだのが始まり。5世恵が光明寺と改称、8世運空が後光厳天皇より金戒の2字を賜ったという。室町時代に入り公武の尊崇を受けるが、応仁の乱で焼失した後は衰退。江戸時代初期に城郭を巡らし、1862年(文久2年)、会津藩主松平容保が京都守護職に就任すると、新撰組を配下に置く京都守護職会津藩の本陣とされた。1868年(慶応3年)、大政奉還、王政復古の号令で京都守護職は解かれ、現在に至ります。

1868年(慶応3年)、戊辰戦争の緒戦となった鳥羽伏見の戦い、この黒谷で戦死した会津藩士の菩提を弔っているという。山門天井に描かれた「蟠龍図」は仏法とともに藩士霊をも守っているかのようです。


関連記事(平安神宮は官幣神社で)⇒
関連記事(会津良いとこ何度もおいでや!)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

平安神宮は官幣神社で

130605平安神宮@青柳.jpg修学旅行で京都を訪ねると必ずや足を運ぶのひとつに平安神宮がある。創建は1895年(明治28年)と新しい。主祭神は桓武天皇、孝明天皇です。平安神宮神苑には琵琶湖流水が引き込まれ、水生植物も多く植栽されています。[2013年6月5日撮影:京都左京区@青柳]

平安遷都1100年記念の国内勧業博覧会の目玉事業として大内裏を復元し、桓武天皇を創祀、1940年(昭和15年)、平安京最後の天皇である孝明天皇を追祀したという。当時の朝堂院(八省院)、應天門、蒼龍楼、白龍楼、大極殿など一部が縮小し模されています。平安神宮神苑は池泉回遊式庭園、33,000uの広さを誇り、130605平安神宮(スイレン)@青柳_n.jpg130605平安神宮@青柳_n.jpg南神苑は八重枝垂桜、中神苑の青龍池には石柱を点々と飛ばした臥龍橋が架かり、西神苑の白虎池は花菖蒲、東神苑は栖鳳池に浮かぶ太平閣と見応えがあります。

時代祭は葵祭や祇園祭とともに京都三大祭のひとつですが、平安神宮再建を祝って始められた新しい祭りです。毎年、平安遷都のあった10月22日に平安神宮大祭として行われ、明治維新、江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦の8時代を遡って行列が続くといった生きた時代絵巻を見せてくれるんですよ。


関連記事(勧修寺は門跡寺院で)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ