謹賀新年・午

船長からのお知らせ 2014年01月01日 18:53

060904そら親子@エコカフェ.jpgあけましておめでとうございます。昨年は皆さまにとってどんな年だったでしょうか。

エコカフェでは昨年は思い切って、四国で氷河期の生き残り見ることのできる「石鎚山と別子銅山を巡るツアー」、大陸とりく続きであった証である生きた化石アマミノクロウサギを見られる「奄美大島自然体験ツアー」を実施することができました。奄美大島では「絶滅危惧種保護センター」を見学し、マダガスカルホシガメの保護飼育の説明も受けました。
小笠原諸島の形成史を学ぶことのできる「固有種の森の横断は行くと沈水カルストの南島を巡る父島の旅」は大型台風発生のため欠航となりました。父島の西約130kmの西之島近くで海底火山が噴火し新島誕生、成長し西之島と合体しました。
恒例のシンポジウムでは、岡山玉野市おもちゃ王国内の湿生植物学習センターで行っている「昆虫調査隊」に参加した子どもたちの中から昆虫観察の結果を発表をしてもらいました。知的障害者の子どもたちによるハンドベル演奏のプレゼントもありました。
小笠原小学校5年生の総合学習サポートは9年目に入り、芦生の森では京都大学フィールド科学教育研究センターを協賛し、赤城自然園で子どもたちの夜の森観察会を、三宅島での植林と下草刈り活動を実施しました。少しずつではありますが新しい工夫をしています。

今年は午年。エコカフェが名付けた宮古馬「空」もずい分と大きく育っています。写真は「空」が誕生した2006年9月4日に撮影したものです。立ち上がるとすぐにお母さんのおっぱいをもとめていました。
今年も皆さまとともに新しい時代をしっかり考え、エコカフェ物語りを一つひとつつづっていきたいと思います。


理事会・運営評価委員会・事務局一同

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ