ムニンイヌグス(無人犬楠)は分化途上

ビーグル号の航海日誌 2013年12月14日 23:04

120504ムニンイヌグス新芽@エコカフェ.JPG120504ムニンイヌグス葉@エコカフェ.JPG小笠原の森には環境適応の結果、微妙に進化・分化を遂げ棲み分けをしているものもあるようです。ムニンイヌグスもその一つで、葉が細く葉縁が波打ちやや湿潤な場所を好むテリハコブガシと極めて近縁と考えられます。どちらも新葉が青くホソバタブの近縁と考えられ、オガサワラアオグスとまとめる考えもあります。[2012年5月4日撮影:小石川植物園@山崎]

120504ムニンイヌグス花序@エコカフェ.JPGムニンイヌグス(無人犬楠、学名:Machilus boninensis Koidz.)はクスノキ科タブノキ属の常緑亜高木。小笠原固有種。分布は父島、兄島と母島に限り、父島では林内、母島では尾根筋や林縁に多く自生。樹高は5mから7mほど、葉は互生し、葉身は長楕円形から楕円形、全縁で葉先はやや尖ります。ただし、母島の個体は若葉が赤褐色を帯びるなど、父島の個体と差異が認められるという。花期は3月から4月頃、枝先に近い葉腋から集散花序をだし、淡黄緑色の小花をたくさん咲かせます。果実は球形で盛夏に黒紫色に熟します。

タブノキ属は熱帯・亜熱帯アジアを中心に約60種、小笠原諸島にはムニンイヌグスのほかテリハコブガシ、コブガシが知られています。ムニンイヌグスとテリハコブガシには中間的な個体もあるが、コブガシはタブノキの近縁で新葉は赤くなります。


関連記事(コブガシ(瘤樫)は本土系)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

マコガレイ(真子鰈)は美味しい

131124マコガレイ@エコカフェ.JPG南三陸で捕れたマコガレイです。体長25p位でしょうか。この季節は子持ちで美味しく頂くことができます。特に、大分県日出町沿岸で漁獲されるものは「城下カレイ」と呼ばれ、高級魚とて扱われています。南三陸もそうですが日出町沿岸の湾内の海底でも湧水があるそうです。[2013年11月24日撮影:南三陸@青山]

マコガレイ(真子鰈、学名:Pleuronectes yokohamae Günther, 1877)はカレイ目カレイ科ツノガレイ属の底魚。分布は北海道南部以南から大分県、瀬戸内海、東シナ海北部、渤海に及び、水深100m以下の浅い砂底や泥底に生息。体長は最大45cmほど、眼は体の右側にあり、有眼側の体色は暗褐色で黒褐色の斑点が散在します。マコガレイは同じ仲間のマガレイやクロガシラガレイに似ているが、両目の間に鱗(うろこ)があること、背鰭と尾鰭に黒色の条紋様がないこと、などで区別されるそうです。

カレイの仲間は世界でおよそ100種もいて、いずれも体の右側に両眼がある特異な姿をしています。南三陸沿岸ではいろんなカレイが生息しているそうです。


関連記事(気仙沼「福よし」さんの思い出)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

世界のウミガメの食文化に驚嘆!

131005子ガメ計測@エコカフェ.JPG2013年度9月のアオウミガメレポートです。報告が遅れてしまいました。小笠原諸島父島での小笠原海洋センターとの協働の小笠原小学校の5年生の総合学習も9年目。子どもたちはみんな子ガメ計測はお手の物、今回は世界のウミガメについて勉強しました。[10月詳細レポートはこちら⇒

131016授業風景@エコカフェ.JPG10月5日:定期計測と淡水池の掃除
10月16日:世界のウミガメレクチャー

インドネシアの食文化などの話、未だウミガメの卵を盗掘して生計を立てている人々がいることを知り、自分たちの環境との大きな違いに子どもたちは衝撃を受けていたようです。


関連記事(アオウミガメの子ガメに奇形が)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ