黒潮文化の中に高倉を

ビーグル号の航海日誌 2013年12月05日 22:51

130411高倉(大和村)@エコカフェ奄美大島エコツアー_76.jpg古代日本においては全国各地で高床式の倉庫は見られたという。その起源は台湾やフィリピンなどの南方地域にあり、黒潮文化圏に属し、穀物を貯蔵するのが目的であった。今日では南西諸島や八丈島で残っているが、現に使われているのは奄美だけだそうです。[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

高倉はイジュを材とし、叉首組(さすぐみ)の屋根架構を組み、茅で暑く屋根を葺きます。130411高倉看板@エコカフェ奄美大島エコツアー_75.jpg屋根裏部分を倉庫とし、穀物、黒砂糖、みそ、魚介類、豚肉、衣類などを保管するそうです。通気性がよく湿気を防ぐことで防腐効果があるんだそうです。アジアモンスーン帯の湿気の高い奄美では非常に適した建築物と言えます。床下は強い日差しや雨露をしのぐことができるので、利用価値が高く作業場や人びとのコミュニティの場にもなるのだそうです。同様の構法の高倉は奄美大島の他に喜界島、徳之島にあるそうです。

高倉の機能としては、防腐効果のほかに可動式の梯子をかけるため防犯効果、容易に倒せるので大火時の被害縮小効果、基礎石の上に載せているだけなので地震や台風などにも抵抗力があるとされています。


関連記事(檜岐歌舞伎が脈々と伝えるもの)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

アテツマンサク(阿哲満作)は大陸との陸続きを

120624アテツマンサク@エコカフェ.JPG小石川植物園内の林内には少なからず関東地方では自生していない珍しい樹種を観察することができます。阿哲要素といって中国大陸と陸続きであったことを物語る植物であるアテツマンサクもそのひとつです。[2012年6月24日撮影:小石川植物園@山崎]

アテツマンサク(阿哲万作、学名:Hamamelis japonica Siebold et Zucc. var. bitchuensis (Makino) Ohwi)はユキノシタ目マンサク科マンサク属の落葉小高木。日本固有種で準絶滅危惧(NT)。分布は本州中国地方(備中=阿哲地方)、四国(愛媛県)に限り、暖帯の中・上部からブナ帯にかけての急傾斜地に自生。樹高は5mから8mほど、葉は互生し有柄、葉身6pから14pほどの広卵形で葉縁に波状鋸歯、葉先は鈍頭。葉表裏ともに星状毛が多い。花期は2月から4月頃、葉の展開に先立ち、葉腋に短い柄のある黄色い花を咲かせます。花の萼片4枚は黄色(マンサクは赤色)、花弁4枚はひも状でマンサクよりも短く、雄蕊4本と仮雄蕊4本がつく。雌蕊1本の先端は2裂。果実は径約1pほどの扁球形の刮ハ、熟すと開裂し種子を散布します。

マンサク属は世界にマンサク、シナマンサク、ハヤザキマンサク、アメリカマンサクの4種、日本ではマンサクを基本種にアテツマンサクの他に本州中部地方以北に分布するオオバマンサク、北海道南部から日本海側に分布亜するマルバマンサク、北陸地方に分布するウラジロマンサクが亜種や変種として知られています。


関連記事(水清くして魚棲ます、マンサク(満作))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ユズリハ(譲り葉)は一斉に

ビーグル号の航海日誌 2013年12月04日 22:32

120624ユズリハ@エコカフェ.JPG一口に常緑樹といっても一生を同一の葉がついているわけではなく、適当な時期に適当なタイミングで少しずつ新旧が入れ替わるものが多いが、中には若葉が生えそろうと一斉に古い葉が落ちるものもあります。ユズリハは典型的に後者に属します。子孫繁栄を暗示し縁起の良い木とされます。[2012年6月24日撮影:小石川植物園@山崎]

ユズリハ(楪、譲葉、学名Daphniphyllum macropodum Miq.)はユキノシタ目ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木。120624ユズリハ樹皮@エコカフェ.JPG分布は本州福島県以南、四国、九州、南西諸島、国外では朝鮮半島南部、中国に及び、暖温帯から亜熱帯の山地に自生。樹高は15mほど、葉は濃緑色で光沢があり、枝先に螺旋状にまとまります。葉柄は赤く、葉身10pから20pほどの長楕円形で葉縁が波打ち、葉先は尖ります。葉裏は白緑色です。花期は4月から5月頃、雌雄異株、昨年の葉腋から総状花序を何本もだし、萼と花弁の欠いた小花を咲かせます。雄花は多く、蕾が赤く、開くと雄蕊の褐色の葯が目立ちます。雌花は疎らで、花柱は先が2裂、子房基部に緑色の退化した雄蕊(仮雄蕊)がつきます。果実は長径約6oから10oほどの卵状楕円形の核果、秋に黒藍色に熟し表面に粉をふきます。

ユズリハは枝葉や種子に毒成分であるユズリハアルカロイドを含むことから家畜などは食すると中毒にかかります。しかし、ヒヨドリ、アオバト、カケスなどは好んで摂食し、種子を散布してくれるのです。不思議ですね。


関連記事(ヒメユズリハ(姫譲葉)の小群落は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ホソバシャリンバイ(細葉車輪梅)は貴重染料

120504ホソバシャリンバイ@エコカフェ.JPG小石川植物園内の林内に気になる樹木がある。本来こんな所に自生するはずがないことから、どなたかが寄贈したか、コレクションしたかの何れなのであろう。主はホソバシャリンバイであります。オキナワシャリンバイともいいます。[2012年5月4日撮影:小石川植物園@山崎]

ホソバシャリンバイ(細葉車輪梅、学名:Rhaphiolepis umbellata var. liukiuensis Koidz.)はバラ科シャリンバイ属の常緑小高木。沖縄固有変種。分布は南西諸島(奄美大島から沖縄諸島)に限り、沿岸や低地の林内や林縁に自生。樹高は5mから10mほど、幹は直立、葉は互生し有短柄、葉身はシャリンバイより細く、狭倒卵状長楕円形で葉縁に粗鋸歯、葉先は尖ります。若葉は錆色の毛を密生、やがて脱落し、クチクラ層が発達し光沢を有します。花期は3月から5月頃、枝先に円錐花序をだし、径1pから1.5pほどの白色の5弁花を多数咲かせます。果実は径10o前後の球形、秋に黒紫色に熟します。

樹皮や根に「タンニン」を多く含むことから、染料として用いられます。奄美大島では大島紬を染めるのにホソバシャリンバイ(島名「テーチキ」)の樹皮から染料を採取しています。芭蕉布、久米島紬も同様だそうですよ。


関連記事(シマシャリンバイ(島車輪梅)とシャリンバイ(車輪梅))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ナンキンハゼ(南京黄櫨)は蝋採取を

ビーグル号の航海日誌 2013年12月03日 23:22

120504ナンキンハゼを覆うキヅタ@エコカフェ.JPG小石川植物園の林内で見られる樹木のうち外来種のひとつ、ナンキンハゼを紹介します。江戸時代に移入し、蝋を採取するために積極的に栽培されていた。今は昔、電気のない時代のこと、今日では紅葉が美しく街路樹に利用されています。[2012年5月4日撮影:小石川植物園@山崎]

ナンキンハゼ(南京黄櫨、学名:Triadica sebifera (L.) Small)はキントラノオ目トウダイグサ科ナンキンハゼ属の落葉高木。原産地は中国。樹高は15mほど、樹皮は灰褐色で縦裂、若枝は淡緑色。葉は互生し有長柄、葉身4pから9pほどの菱形状広卵形で全縁、葉先は尾状に尖ります。葉両面とも無毛、葉表基部に1対の腺点があります。花期は6月から7月頃、雌雄異花、枝先や葉脇に長さ6pから18pほどの総状花序をだし、黄色い小花を多数咲かせます。雄花は花序上部に多数、雌花は基部に数個つきます。雄花の萼は皿状で3裂、雄蕊2本、雌花の萼も3裂、花柱3本。果実は長径約1.5pの扁球形の刮ハ、秋に褐色に熟し、裂開。種子は3個、各径約7oの広卵形で白い蝋質の仮種皮に包まれます。

名前の由来は中国原産、蝋を採取するハゼノキと同じように利用することにあります。種子は果実が裂開しても落下することなく、ムクドリなどが摂食するそうです。要するに鳥散布により拡散します。野生化しているものも見られるといいます。


関連記事(ハゼノキ(櫨の木)は蝋燭を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ノグルミ(野胡桃)は松毬のよう

120504ノグルミ@エコカフェ.JPG小石川植物園内の森からノグルミを紹介します。果実は見た目が棘状の松毬のようですが、食用にならないという。今回は季節的に果実を確認することはできませんでしたが。[2012年5月4日撮影:小石川植物園@山崎]

ノグルミ(野胡桃、学名:Platycarya strobilacea Sieb. et Zucc.)はクルミ科クルミ属の落葉高木。分布は本州神奈川県以西、四国、九州、南西諸島、国外では台湾、中国、朝鮮半島に及び、山地の日当たりのよい場所に自生。120504ノグルミ樹皮@エコカフェ.JPG樹高は5mから10m、時に30mほど、樹皮は灰褐色で縦裂、若枝に軟毛が密生するがやがて脱落。葉は互生し、奇数羽状複葉で葉柄と葉軸に軟毛が生え、小葉は5対から7対。小葉はほぼ無柄、葉身5pから10pほどの披針形で葉縁に尖鋭鋸歯、葉先は鋭尖。葉裏は脈上に軟毛が散生し、油点が散在。花期は6月から7月頃、雌雄異花、本年枝先に穂状花序を数本直立、頂生の1個が雌花序、周囲は雄花序。雌花序の先端につく雄花序は脱落。雄花は苞長役2.5oの卵状披針形で雄蕊9本前後、雌花は苞長役3oの卵形で先が尾状に尖り、子房が苞下部と合着、子房周囲に小苞がつき、花柱は太く2裂

果実は松毬のように苞の間に1個ずつでき、径約5oの扁平な広倒卵形で先が尖り、小苞が発達した翼をもち、熟すと落下します。典型亭な風散布のようです。果穂は松毬に似て、長さ2、3pの卵状楕円形、苞が密に重なり棘状になります。不思議ですね。


関連記事(オニグルミ(鬼胡桃)も実りの季節に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

オニモミジ(鬼紅葉)はカジカエデ(梶楓)とも

120504オニモミジ@エコカフェ.JPG名前に「鬼」がつくとはなんとも荒々しい気がするが、葉が粗大であるためについたという。本来は黄葉のとても美しい楓です。葉がカジノキに似ることから別名にカジカエデ(梶楓)ともいいます。[2012年5月4日撮影:小石川植物園@山崎]

オニモミジ(鬼紅葉、学名:Acer diabolicum Blume ex C. Koch)はカエデ科カエデ属の落葉高木。日本固有種。分布は本州宮城県以南、四国、九州中部地方以北に及び、温暖な山地の肥沃な谷間や傾斜地に自生。120504オニモミジ樹皮@エコカフェ.JPG樹高は10mから20mほど、葉は対生し厚く、葉柄4pから11p、葉身7pから15pほどの掌状で5中裂、裂片縁には粗鋸歯がつきます。葉表の葉脈上や葉裏に短伏毛が、葉柄にも短毛が生えます。花期は4月から5月頃、雌雄異株、葉の展開前に前年枝の側芽から散房花序をだし、暗紅色の花を咲かせます。雄花序は5個から15個ほどの萼片と花弁が合着した釣鐘状の雄花を下垂、雌花序は3個から9個の合着しない4、5弁花を上向きにつけます。果実は長さ3pほどの分果からなる翼果で鋭角に開きます。剛毛がつきます。

カエデの仲間は本ブログでも何種類か取り上げていますが、世界の北半球の温帯を中心に約160種が知られ、ほとんどが美しい紅葉を見せてくれ、心を和ませてくれるのです。名前なんかあまり気にする必要はないですね。


関連記事(ハウチワカエデ(羽団扇楓)は絶品に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

タラヨウ(多羅葉)は郵便局の木

ビーグル号の航海日誌 2013年12月02日 22:06

120504タラヨウ雌木@エコカフェ.JPGモチノキの仲間には広く世界に4属約450種、日本には1属23種が分布するという。そのうち、タラヨウは葉に文字を書くことができ文代わりにできることから「葉書の木」「郵便局の木」として郵便局前に植栽されたりしていることがあります。葉に含まれるタンニンが酸化して黒色化するのだそうですよ。[2013年5月4日撮影:小石川植物園@阿部]

タラヨウ(多羅葉、学名:Ilex latifolia Thunb.)はモチノキ科モチノキ属の常緑高木。120504タラヨウ雌木の花@エコカフェ.JPG分布は本州静岡県以西の太平洋側、四国、九州、国外では中国に及び、温暖な山地の日当たりのよい場所に自生、実際は寺社仏閣の周辺などに生育し自然林は少ないという。樹高は10mから20mほど、樹皮は灰褐色、葉は互生し光沢があり肉厚、葉身約20pの長楕円形、葉縁は細鋸歯、葉先は短く尖ります。花期は4月から5月頃、雌雄異株、葉脇から集散花序をだし、径約7oの淡黄緑色の小さな4弁花をたくさん咲かせます。果実は径約8oの球形の核果、秋に赤く熟します。

名前の由来はインドで経文を書くのに使われた「多羅樹」に文字を書くことができる性質が似ていることにあるらしい。日本でもお寺の境内などによく植えられたといいます。


関連記事(アオキ(青木)の不思議は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ナナミノキ(七実の木)は陽樹性

120504ナナミノキ@エコカフェ.JPG東京大学附属小石川植物園内の常緑樹の森でなんとナナミノキを観察することができます。名前の由来はたくさんの美しい実がなることにあるという。果実がやや長いことから「長実の木」と転化して別名にナナメノキともいう。本来、関東地方では自生していないのでわざわざ植栽されたものなのでしょう。[2012年5月4日撮影:小石川植物園@山崎]

ナナミノキ(七実の木、学名:Ilex chinensis Sims.)はニシキギ目モチノキ科モチノキ属の陽樹性の強い常緑高木。120504ナナミノキ樹皮@エコカフェ.JPG分布は本州静岡県以西、四国、九州、南西諸島、国外では中国に及び、温暖な沿岸部低地から山地までのアカマツ、コナラ、ソヨゴ、クロバイなどの二次林によく自生。樹高は10mから15mほど、樹幹は直立し、樹皮は灰褐色で平滑、葉は互生ししなやかな革質、葉身7pから12pほどの長楕円形か倒披針形、葉縁に低鋸歯(時に先端が棘状)で葉先は細く尖ります。花期は6月頃、雌雄異株、本年枝の葉腋に散房花序をだし、薄紫色の径約5oの花をたくさん咲かせます。雄花は雌蕊が退化、雌花は雄蕊が退化、稀に両性花もみられるという。果実は長径約1pの楕円形の核果、秋に赤く熟します。

種子は発芽が悪く、陽樹性が強いので松枯れのニッチなどで多く進出するようです。ナナミノキはクロガネモチなどと同じように秋になると葉をかなり落とし、少ない日光を我慢強く求めるかのようです。


関連記事(モチノキ(黐の木)も照葉樹林の主役)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

アオウミガメの子ガメに奇形が

⇒こどもたちと 2013年12月01日 18:56

130907アオウミガメの身体測定@エコカフェ.JPG2013年度9月のアオウミガメレポートです。報告が遅れてしまいました。小笠原諸島父島での小笠原海洋センターとの協働の小笠原小学校の5年生の総合学習も9年目。5年生の総勢22人は元気いっぱいに生きた学びを行っています。2学期も残すところ1ヶ月となりましたが、今年は台風の発生が多くご苦労も多かったようです。[9月詳細レポートはこちら⇒

9月7日:子ガメ定期計測・子ガメの奇形チェック
9月21日: タイマイ水槽の掃除

1309221タイマイ水槽清掃@エコカフェ.JPGアオウミガメの甲羅の鱗板は中央が5枚、左右に4枚ずつの、合計13枚であるのが正常な状態です。しかしながら、時折、配列奇形があって、甲羅の枚数が多かったりすることがあるんです。原因はあまりよくわかっていませんが、調査によりデータを収集することでよい研究の成果が得られることが期待されます。


関連記事(コペペ海岸で夜に小さな放流会を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

晴れた日には

DSC_0674.jpg 風のない穏やかな日差しのなか、増上寺へお散歩。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ベネ・ワン村でそば打ち体験を

131130 蕎麦打ち@エコカフェ(ベネワン村:真保)n.jpg131130ベネワン村@エコカフェ(真保)_n.jpg秩父山塊の最東部に位置し、都幾川の清流が流れる山間を抱えるときがわ町。ベネ・ワン村は潟xネフィット・ワンが運営をし、エコカフェは後援、子どもたちの自然との触れ合い実践を監修サポートしています。

昨日は午前中に恒例の「蕎麦打ち」、午後からは「羽子板づくり」に挑戦でした。最近、エコカフェ事務局MTGに熱心に参加している遠山さんたちも実践に励んでいます。

知識と実践、論理と直感、感性を磨きながらコツコツと新しいことに挑戦していきます。

by 真保


関連記事(ベネワン村で稲刈り・はざ掛け体験を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ