ムニンシュスラン(無人繻子蘭)は元気!?

ビーグル号の航海日誌 2013年11月29日 23:07

120504ムニンシュスラン@エコカフェ.JPG小笠原諸島の森で比較的観察しやすいと言われているランのひとつにムニンシュスランがあります。小石川植物園の温室で保護展示されています。[2012年5月4日撮影:小石川植物園@山崎]

ムニンシュスラン(無人繻子蘭、学名:Goodyera boninensis Nakai)はラン科シュスラン属の常緑多年草。小笠原固有種。分布は父島と母島に限り、山地の谷筋などのやや薄暗く湿った場所に自生。特に、高木層をシマホルトノキ、亜高木層をモクタチバナが生茂るような林床を好むようです。草丈は10pから20pほど、茎は基部が匍匐し斜上、葉は互生し基部で茎を抱き、粗毛がつきます。葉は茎の基部を抱き、葉身4pから10pほどの長楕円状披針形で葉先は尖ります。主脈と両側に2条の側脈が平行に走ります。花期は10月から翌年1月頃、花茎を伸ばし総状花序をだし、小さな花を多数咲かせます。萼片は僅かに褐色を帯びた淡緑色、側弁花と唇花は白色、距は黄色です。

伊豆諸島固有種のハチジョウシュスランが近縁でその変種とする説がある。母島に自生する個体のほうがやや大きく、花もやや早く咲くそうです。父島では乾燥化が進んでいるため個体数が激減しているようです。また、南硫黄島には固有種のナンカイシュスランが知られています。


関連記事(シマクマタケラン(島熊竹蘭))⇒
関連記事(コクラン(黒蘭)は迷宮)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

コペペ海岸で夜に小さな放流会を

130804稚ガメの入水@エコカフェ.JPG2013年度8月のアオウミガメレポートです。報告が遅れてしまいました。小笠原諸島父島での小笠原海洋センターとの協働の小笠原小学校の5年生の総合学習も9年目。5年生の総勢22人は元気いっぱいに生きた学びを行っています。8月は夏休みです。クラスを代表して5人が稚ガメの選別をしてくれました。[8月詳細レポートはこちら⇒ ]

8月4日:稚ガメの計測・入槽、ふ化箱ふ化率調査

130804未ふ化卵調査@エコカフェ.JPG小笠原小学校玄関脇のふ化箱の卵も無事に孵りました。70個の卵のうちふ化したのは全部で稚ガメは46匹です。23匹を保護飼育するために水槽に入れました。残りは当日の夜、コペペ海岸で小さな放流会を行いました。

稚ガメの可愛らしさにみんな大喜びです。稚ガメはおへそに養分をもっていて数日は餌がなくとも生きてゆけます。その数日間でしっかり外洋の流れ藻などに辿りつけるとよいのですが....。


関連記事(ふ化観察用のふ化箱への卵移植を)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ