雨にも負けず、マダガスカルホシガメたち

船長からのお知らせ 2013年09月29日 22:40

130603マダガスカルホシガメ@エコカフェ(絶滅危惧種保護センター).jpg絶滅危惧種保護センターからの2013年度6月のリクガメレポートです。[6月3日詳細レポートはこちら⇒

この季節、人里でも準絶滅危惧(LC)に指定されているアカショウビンの鳴き声が聞こえるようになります。森は益々活力に満ちてきますね。

梅雨入りは私たちだけではなくカメたちにとっても鬱陶しいようです。
雨の日はマダガスカルホシガメたちは食欲も落ち、じっとしていることが多いようです。
雨が上がり晴れると活発に動き回り、食欲も旺盛になります。
130603コキサカオウム@エコカフェ.jpg何とも自然に素直に向き合って生きているんですね。

保護センターではコキサカオウムのつがいも保護飼育しています。
オスが「ボルト」、メスが「ノエル」といいます。
とても愛らしいです。


関連記事(マダガスカルホシガメの産卵in奄美大島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

鹿島槍岳は足早に秋到来!

130922鹿島槍山頂から五龍岳@エコカフェ(高田).jpg鹿島槍の高田さんも頑張っています。鹿島槍ヶ岳(標高2889m)にチャレンジしたそうです。山頂近くではもう紅葉が始まっているようですよ。10月の声を聞くと山頂は初冠雪でうっすら化粧を施すでしょう。[2013年9月22日撮影:鹿島槍ヶ岳@高田彰彦]

鹿島槍ヶ岳は双耳峰で南峰が高く、なだらかな吊尾根で結ばれる北峰は2842mと少し低くなって、飛騨山脈(後立山連峰)に位置します。稜線は南から蓮華岳、爺ヶ岳と連なり、北へ五龍岳、唐松岳、八方根を抱え、鑓ヶ岳、白馬岳、雪倉岳、朝日岳と伸び、親不知子不知で日本海に没します。
130922鹿島槍赤岩尾根@エコカフェ(高田).jpg130922赤岩尾根から冷乗越の紅葉を@エコカフェ(高田).jpg山稜の東側はホッサマグナの大断層で鋭く切れ落ち、西側は緩斜面となっているのが特徴です。東側斜面には氷河期の痕跡であるカールやモレーンなどがよく見られます。
山頂付近の森林限界ではハイマツ帯が発達し、貴重な高山植物の宝庫となっており、「白馬連山高山植物帯」として国の特別天然記念物に指定されています。また、ライチョウ(雷鳥)の生息地でもあります。
これからの紅葉も美しいが、短い夏を謳歌するように咲き誇る高山植物の花々も格別に美しいと思います。

登山の楽しみのどうして山ができたのか、どうし固有の高山植物がみられるのか、いろいろと気づきながら山行をするのも楽しいのではないでしょうか。


関連記事(鹿島槍エコステーションからのお便り)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ