平家の落人と言われる所以

ビーグル号の航海日誌 2013年09月10日 23:35

130907歌舞伎通り@エコカフェ(桧枝岐村).JPG檜枝岐村は燧岳、周囲を燧ヶ岳、駒ヶ岳、帝釈山などの山々に囲まれ、また、有数の豪雪地帯として冬期は深い雪に閉ざされ、一面白銀の世界となり、長く時間が止まったかのようになってしまう。山々は村にとって要塞ともなり、半ば陸の孤島のようにして純潔を保ってきたのではないだろうか。[守護神社鳥居、歌舞伎伝承館、2013年9月7日撮影:桧枝岐歌舞伎視察@山崎]

村人の姓は「」「平野」「」の何れかだそうだ。130907歌舞伎伝承館見学@エコカフェ.JPGこの地には縄文時代の遺跡もあり、古くは小屋の原と呼ばれ、小屋仕立て10数件の集落、獣と木の実の狩猟採集生活をしていたと推察。延暦13年(794年)、紀州国牟婁郡星里から清原金晴が移住、「星」の起源と考えられています。家紋は「九曜星」。永禄12年(1569年)、勢州治田から橘助兵衛、橘好正が移り滝沢に居を構え、「橘」姓が始まるとの古文書があるという。家紋は「御前橘」。しかしながら、「平野」については一切の記録がなく、桧枝岐の言葉が京なまりと似ていること、家紋が「揚羽蝶」で平家と同じだそうです。確かに村内では犬や猫、鶏などを見かけることもなかった。

以上のことから、檜枝岐村は平家の落人村と考えられているのです。初めての土地を訪ねるといろいろな気づきをさせられるのが楽しみです。狭い国土と言われながらも地域によって風習や風俗、文化の多様性が認められることに興味が尽きません。なぜ人びとは過去に培った価値観を守ろうとするのでしょうか。


関連記事(信州山奥で大鹿歌舞伎「奥州安達原」を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

タグ:檜枝岐村
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

夏の終わり・・・

images.jpg
お盆を過ぎ、9月に入ると、随分寂しくなりますね。
完全に夏の終わりを感じています。

7月、8月では、ビーチは海水浴客で埋め尽くされ、
サーファーたちにとっては厳しい夏でしたが、
現在は殆ど海水浴客の姿は見えず、嬉しいような寂しいような、
毎年不思議な感じになります。


とはいえ、これからが本格的なマリンスポーツの季節といっても
過言ではないのではないでしょうか?
もちろん、釣りにも行きますよ!

魚が釣れた場合、自慢のようにご紹介して参りますので、
乞うご期待ください!




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

産卵調査や夜の砂浜パトロールを

130607事前学習@エコカフェ(小笠原小学校5年生).JPG2013年度6月のアオウミガメレポートです。小笠原諸島父島での小笠原海洋センターとの協働の小笠原小学校の5年生の総合学習も9年目です。5年生、総勢22人は元気いっぱいに生きた学びを行っています。今回はアオウミガメの産卵調査です。[6月詳細レポートはこちら⇒

6月7日:産卵調査のための事前学習
6月12日:小港海岸で産卵調査の実施
130624アオウミガメの産卵見学@エコカフェ(小笠原小学校5年生).JPG130612海岸調査に行きます@エコカフェ(小笠原小学校5年生).JPG6月24日:夜の海岸パトロールで産卵見学
6月27日:卵の移植体験

アオウミガメの上陸、産卵のハイシーズンに突入しています。子どもたちにはアオウミガメの産卵巣を海岸で実際に探してもらい、個数を調べたり、保護飼育のための卵の移植体験をしてもらいます。アオウミガメは神経質で、暗くなってから砂浜に上陸し産卵しますが、人の気配に驚き海に引き返してしまうことがあります。130627移植のための穴掘り@エコカフェ(小笠原小学校5年生).JPGこの時期は観光客の皆さんが産卵を見学しようと外出しています。そこで夜のパトロールをしながら、観光客の皆さんにお母さんカメを驚かさないよう諸注意を伝えたりします。子どもたちはみんな一生懸命です。


関連記事(アオウミガメの産卵と卵の白色化を学ぶ!)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ