古代植物、メタセコイアの歴史

ビーグル号の航海日誌 2013年08月28日 23:19

061112メタセコイア@エコカフェ・エコの寺子屋 フィールド 056.jpg061112メタセコイア@エコカフェ・エコの寺子屋 フィールド 057.jpg京都大学フィールド科学教育研究センター上賀茂試験地内の山地にはメタセコイアが植栽されています。1950年に渡来した種子からの実生を植えたもので、年月を重ね立派な大木になっています。メタセコイアもラクウショウと並んで古代植物と考えられています。別名にアケボノスギ(曙杉)とかイチイスギとも呼ぶそうです。[2006年11月12日撮影:第1回エコの寺子屋@山崎]

メタセコイア(学名:Metasequoia glyptostroboides Hu et W.C.Cheng)はスギ科メタセコイア属の落葉針葉高木。IUCNレッドリストで絶滅危惧T類(CR)。1属1種。分布は中国四川省の一部に限り、肥沃で適湿地などを好んで自生。樹高は30mから40mほど、樹幹は垂直、樹皮は赤褐色で縦裂に剥離、葉は羽状に対生、葉身は1pから2pほどの線形、枝と葉の間に分離層がないため枝ごと落葉します。花期は2月から3月頃、雌雄異花、雄花は枝先に長い穂状花序を下垂し、雌花は枝に頂生。果実は球形の果鱗、褐色に熟し、乾燥すると翼のある種子が散布されます。

メタセコイアは中生代白亜紀から新生代第三紀にかけて北半球に広く分布し、日本でも各地から化石として発見されています。日本でも300万年前から100万年前頃(新生代第三紀)に繁栄。形態的にほとんど進化せず今日に至っているといわれています。


関連記事(古代植物、ラクウショウ(落羽松)は気根お化け)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

古代植物、ラクウショウ(落羽松)は気根お化け

061112ラクウショウ気根@エコカフェ・エコの寺子屋 フィールド 064.jpg京都大学フィールド科学教育研究センター上賀茂試験地に訪ねたことのある人ならば必ず目にしている植物です。北アメリカ原産のラクウショウと中国原産のメタセコイアです。どちらも存在感は抜群です。まず、ラクウショウを紹介します。別名にヌマスギ(沼杉)というくらいあって、気根がニョキニョキと沼地を占領している様子は奇妙です。[2006年11月12日撮影:第1回エコの寺子屋@山崎]

ラクウショウ(落羽松、学名:Taxodium distichum (L.) Rich.)はスギ科ヌマスギ属の落葉針葉高木。IUCNレッドリストで経度懸念(LC)。061112ラクウショウ紅葉@エコカフェ・エコの寺子屋 フィールド 063.jpg分布は北アメリカ大陸東南部からメキシコに及び、雨期になると沼沢地などになる湿潤地などに自生。樹高は30m超、樹皮は灰褐色で縦裂に剥離、湿潤地では狭円錐状の膝根と呼ばれる呼吸根(気根)を形成し、長期間の水没にも耐えます。ただし、適潤地や乾燥地では膝根を生じることはなく、メタセコイアに似た樹姿となるという。葉は緑色の短枝に葉が互生し、葉身1pから2pほどの線形、葉と枝の間に離層を生じないので、黄色く紅葉して枝ごと落葉するのが特徴です。花期は4月頃、雌雄異花、果実は径2、3pの球形の果鱗、緑白色から褐色に熟します。

材は精油を含む一方、大きな気室を持つ細胞構造であるため、高い耐水性を有し軽量なことから土木や枕木、船舶材などに利用されているそうです。


関連記事(古代植物、マツバラン(松葉蘭))⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

スズフリホンゴウソウは森の待ち針

130629スズフリホンゴウソウ@エコカフェ(塚田).JPG父島中央山の登山道わきに点在するムニンシラガゴケのパッチ。朽木にできたパッチの中から待ち針状の植物。広域種のホンゴウソウではなく小笠原固有種のスズフリホンゴウソウです。何度も小笠原を訪ねているのになかなか見る機会に恵まれなかった植物のひとつです。[2013年6月29日撮影:小笠原父島@塚田]

スズフリホンゴウソウ(鈴振本郷草、学名;Sciaphila ramosa Fukuy. & T. Suzuki)はホンゴウソウ科ホンゴウソウ属の一年生の腐生植物。小笠原固有種、環境省レッドリストで絶滅危惧U類(VU)。分布は小笠原諸島父島と母島に限り、やや暗い湿った林内の朽木の上などに自生。地上部の出現時期は5月から6月頃と9月から10月頃に多く、茎は赤紫色で中部から上部で枝分かれし、花期の終わりころには多数枝分かれします。草丈7pほど、茎の径約5o、托葉の長さ20oから25o、幅は5oの針状。花期は6月と9月頃、茎の上部に白色の雄花、径1.5o、花被5、6裂、雄蕊3本、葯状付属突起はないという。下部に雌花、花被5、6裂、多数の雄蕊が球状に集生。果実は径2oほどの球状の集合果です。

ホンゴウソウの仲間は日本には他にホンゴウソウ、ウエマツソウ、タカクマソウ、イシガキソウが知られています。スズフリホンゴウソウは台湾固有種のササキソウと同種との考えもあり、研究成果を待ちたいです。


関連記事(ギンリョウソウ、憧れの花?)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ