モンシロチョウ(紋白蝶)のお散歩

ビーグル号の航海日誌 2013年08月10日 22:07

130720モンシロチョウ@エコカフェ(棒ノ折山).JPG四国の石鎚山登山の足慣らしで登った奥秩父山塊東南端の棒ノ折山(標高969m)。登山口近くの林縁の地面を這うようにひらりひらり忙しく散歩する白い蝶。モンシロチョウです。時折り草葉にタッチしますが、一体何をしているのでしょう。[2013年7月20日撮影:棒ノ折山@阿部]

モンシロチョウ(紋白蝶、学名:Pieris rapae crucivora (Boisduval,1836))はチョウ目シロチョウ科シロチョウ族モンシロチョウ属の蝶。130720モンシロチョウ@エコカフェ.JPG日本産亜種。基亜種Pieris rapae (Linnaeus, 1758)はユーラシア大陸西部を原産地とし、日本には奈良時代に移入、20世紀には全世界に拡大。各地で形質変化し亜種を形成。日本産亜種としているのは分布域が国内に閉じているのか明確でないためでしょう。体長(前翅長)は約3p、前翅と後翅の前縁が灰黒色、前翅中央に灰黒色の2つの斑紋が入ります。翅に紫外線を当てるとメスの翅は白く、オスの翅は黒く見え、モンシロチョウは紫外線を感知できる眼を持っていると考えられていますカラスの眼も同じでしたね。出現時期は3月から10月頃、完全変態、地域差があるが平均年に4、5回。蛹で越冬。幼虫の食草はアブラナ科の植物(野菜)、成虫は花の蜜です。

近縁種に本来日本に生息していた在来アブラナ科植物を食草とするエゾスジグロシロチョウ、ヤマトスジグロシロチョウ、帰化アブラナ科植物を食草とする後から流入したスジグロシロチョウ、南方から移入し石垣島まで勢力を拡大しているクロテンシロチョウや迷蝶とされるチョウセンシロチョウなどが知られています。この世界も奥が深いですよ。


関連記事(ジャコウアゲハin大神島)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:棒ノ折山
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

高山植物の魅力(99)/キジムシロ(雉莚)

キジムロ花@エコカフェ.JPG北アルプス小日向山(標高1907m)へ向かう登山道脇の傾斜のきつい小さな草地。ミヤマアズマギクユキワリソウモウセンゴケ、タテヤマリンドウなどと一緒にキジムシロが黄色い花を咲かせていました。[2013年7月6日撮影:第16回自然観察会@阿部]

キジムシロ(雉莚、学名:Potentilla fragarioides L. var. major Maxim.)はバラ科キジムシロ属の多年草。分布は北海道、本州、四国、九州、南西諸島、国外では朝鮮半島、中国、モンゴル、ロシアに広く、日当たりのよい山野などに自生。キジムロ@エコカフェ.JPG草丈は10pから30pほど、根茎は肥厚し太く、茎は帯赤色で長毛が生えます。葉は奇数羽状複葉、小葉は5枚から7枚、葉身2pから5cmほどの楕円形で鋸歯、先端の小葉が大きい。花期は2月から5月頃、花茎を放射状に広げ立ち上げた茎先に数個の黄色い5弁花を咲かせます。花は径15oから20oほど、内萼片5枚は卵状披針形で先が尖り、外萼片5枚は披針形、雄蕊20本、雌蕊多数で花床に毛が生えます。果実は径約1pの萼片に包まれた卵形の痩果、熟すと中から淡褐色の長径約1.3oの種子が多数散布されます。

名前の由来は放射状に茎や葉を広げる様子を雉の座る筵に例えたことにあります。この仲間は北半球の温帯以北を中心に300種以上、日本には3出複葉のミツバツチグリ、小葉が5枚の掌状複葉のオヘビイチゴなど20種ほどがが知られています。


関連記事(高山植物の魅力(98)/ユキワリソウ(雪割草))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

高山植物の魅力(98)/ユキワリソウ(雪割草)

130706ユキワリソウ@エコカフェ(小日向山) (2).JPG130706ユキワリソウ@エコカフェ.JPG知らなかったが雪割草と呼ばれる植物は世に多くあるらしい。サクラソウ科、キンポウゲ科、ユリ科にあって10種に及ぶという。いずれも早春の雪解けとともに我先にとこぞって花を咲かせるもののようだ。まさにスプリングエフェメラルの一種。ここでは北アルプス小日向山(標高1907m)の登山道脇でみたサクラソウ科のユキワリソウを紹介します。[2013年7月6日撮影:第16回草花教室@阿部]

ユキワリソウ(雪割草、学名:Primula modesta Bisset et Moore)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草。日本固有種。分布は本州関東地方北部・中部地方、四国、九州に及び、亜高山帯から高山帯の岩場、砂礫地、草地などに自生。草丈は5pから15pほど、葉は根生し、葉身4pほどのへら形で皺が多く、葉縁に鋸歯、葉先は鈍頭。葉縁が裏側に反り、葉裏には淡黄色の粉が密着します。花期は5月から6月頃、茎先を10pほども伸ばし茎頂に散状花序をだし、3個から7個ほどの淡紅紫色の花を咲かせます。花は径7oから10oほどの合弁花です。

ユキワリソウの仲間は北半球を中心に世界で約500種。日本でも変種として本州東北地方と北海道、千島列島に自生するユキワリザクラ、北海道日高地方南部に自生する北海道と千島列島に自生するサマユキワリ、礼文島から知床半島に自生するレブンコザクラが知られています。近縁種にソラチコザクラ、ユウバリコザクラ、ナンゴクキザクラなどが知られています。奥が深そうですよ。


関連記事(高山植物の魅力(97)/キヌガサソウ(衣笠草))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

高山植物の魅力(97)/キヌガサソウ(衣笠草)

130706キヌガサソウ花@エコカフェ.JPG130706キヌガサソウ花@エコカフェ (2).JPG北アルプス白馬三山の前衝山である小日向山(1907)は標高が低いながら7月初旬では残雪も多く、高山植物の宝庫にもなっている。ミズバショウリュウキンカコバイケソウシラネアオイ、キヌガサソウなどの群落がみられました。ここではキヌガサソウを取り上げます。[2013年7月6日撮影:第16回自然観察会@阿部]

キヌガサソウ(衣笠草、学名:Paris japonica (Franch. et Savat.) Franch.)はユリ科ツクバネソウ属の多年草。130706キヌガサソウ@エコカフェ.JPG日本固有種。分布は本州中部地方以北に限り、日本海側や関東北部東北地方の山地から亜高山帯の湿った林床や林縁などに自生。草丈は30pから80pほど、茎は直立し、葉は6枚から11枚が輪生、葉身20pから30pほどの広披針形から倒卵状長楕円形、全縁で葉先はやや鈍頭。花期は6月から8月初旬頃、葉の中心から花柄を伸ばし、白色(のちに帯緑色)の花を咲かせます。花は長楕円形で鋭頭の外花被片7枚から9枚、糸状の内花被片7、8枚、花柱5本から9本。果実は卵球形の液果、暗褐色に熟します。甘味があり食することができるという。

環境省レッドリストの指定はないが、秋田県で絶滅危惧TB類、山梨県や石川県では絶滅危惧Uルイに指定。変種にウラゲキヌガサソウ、近縁種にクルマバツクバネソウ、ツクバネソウが知られています。


関連記事(高山植物の魅力(96)/コミヤマカタバミ(小深山方喰))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

第7回みんなの森づくりin三宅島

⇒森林づくり+α 2013年08月09日 10:13

R0014288s-.jpgR0014334s-.jpg三宅島の森の再生を少しでもお手伝いしたいと思い始めた植林活動。
昨年から、草刈もぜひ手伝って欲しいとの森林組合の方々からの声もお聞きし、始める事になった草刈作業。
夏の暑い盛りですが、植えたところをキレイに草を刈ると4年前に植えた木が背丈を越える大きさに成長しているのがみられ、感慨にふけりました。
今年も草刈作業にチャレンジします!
皆さんのご参加お待ちしております。

・日 程:2013年8月30日(金)〜9月1日(日)
・定 員:8名
・参加費:【エコカフェ会員価格】30,000円、【一般価格】35,000円
     (往復船[特2等船室、2等船室]、宿泊、仮眠朝食)
・行 程:8月30日 21:45 竹芝桟橋集合 受付(第一待合所)
           22:20 竹芝発(さるびあ丸)【特2等船室】
     8月31日  5:00 三宅島着
                 仮眠休憩朝食
           10:00 草刈(今まで植林したところの草を刈る)
           12:00 昼食
                 海水浴や釣りなど
           16:00 温泉:「ふるさとの湯」(500円別料金)、その後宿にて夕食
     9月1日 午前中  フリー
           (オプション:釣り、アカコッコ館、長太郎池、大路池等で鳥や魚、植物の観察)
           14:20 三宅島発(さるびあ丸)【2等船室】
           20:30 竹芝着

 

【主催】NPO法人エコロジー・カフェ
【協力】三宅島森林組合、三宅村役場、三宅島観光協会、株式会社旅職人
【旅行に関するお問い合わせ】
 株式会社 旅職人  TEL:03-3710-7747  mail:info@tabi-shokunin.co.jp   担当:村上

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(3) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

高山植物の魅力(96)/コミヤマカタバミ(小深山方喰)

ビーグル号の航海日誌 2013年08月08日 21:07

130706 コミヤマカタバミ@エコカフェ.JPG130706コミヤマカタバミ花@エコカフェ.JPG残雪の残る北アルプス小日向山(標高1907m)で自然観察会をした時に出会った高山植物、コミヤマカタバミを紹介します。近縁種のミヤマカタバミは花が一回り大きく、小葉の角がやや角張り、根茎が太いことで識別できるそうです。もっとも根茎を掘り起こすことはすべきではないでしょう。[2013年7月6日撮影:第16回自然観察会@阿部]

コミヤマカタバミ(小深山方喰、学名:Oxalis acetosella Linnaeus)はフウロソウ目カタバミ科カタバミ属の多年草。分布は北海道、本州、四国、九州、国外ではヨーロッパ、アジアに広く、亜高山帯の針葉樹林内などに自生。草丈は5pから15pほど、根茎は細く地下をはい、根生葉は束生、葉柄は長く3小葉、各小葉はハート形で先は凹みます。葉表裏ともに軟毛が散生します。夜には睡眠運動といって閉じるそうです。また、茎や葉にシュウ酸を含むことから口に含むと酸味があります。花期は5月から8月頃、花柄を4pから10pほど伸ばし、茎頂に1個の白色か紫紅色の径2、3pほどの5弁花を咲かせます。花弁には紅紫色の縦筋線が、中心部に黄色の斑紋が入ります。雄蕊10本は二輪に並び、花柱5本。果実は長径約4oの卵球形の刮ハで、熟すと裂開し2oほどの種子を散布します。

カタバミ属は南アメリカ、アフリカなどの熱帯を中心に約850種、日本にはアマミカタバミ、カントウミヤマカタバミ、ミヤマカタバミ、ヒョウノセンカタバミ、カタバミ、コミヤマカタバミの6種が知られています。


関連記事(高山植物の魅力(95)/イワベンケイ(岩弁慶))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

エンレイソウ(延齢草)は不老不死に

ビーグル号の航海日誌 2013年08月07日 23:15

130706エンレイソウ@エコカフェ.JPG130706エンレイソウ花@エコカフェ.JPG北アルプス白馬三山の前衝の山である小日向山(標高1907m)に向かう登山道脇の時に水が流れるガレ場のような場所にはキヌガサソウやエンレイソウが群生をしています。ここではエンレイソウを紹介します。[2013年7月6日撮影:第16回自然観察会@阿部]

エンレイソウ(延齢草、学名:Trillium smallii Maxim.)はユリ科エンレイソウ属の多年草。分布は北海道、本州、四国、九州、国外ではサハリンに及び、低地や山地のやや湿った場所に自生。130706エンレイソウ花@エコカフェ (2).JPG草丈は20pから50pほど、根茎は太く短く、茎を直立させ先端に3枚の無柄の葉を輪生。葉は径10pから20pほどの菱状円形、全縁で先が尖ります。花期は4月から6月頃、3葉の中心から花茎を短く伸ばし、暗紫褐色(まれに緑色)の小さな花を横向きに咲かせます。花は萼片3枚、雄蕊6本、雌蕊1本。果実は径1pから2pほどの球果、緑色か黒紫色に熟し、果肉の部分は甘く食用になります。種子は約2o、白色の付属体(種枕)があり、アリによって運ばれ散布されます。根茎にはサポニンなど有毒成分が含まれるが、古くから少量を胃腸薬として利用してきたという

名前の由来は根茎が薬として利用されたことにあります。エンレイソウの仲間は東アジア、ヒマラヤ、北アメリカに約40種、日本では10種ほどが知られています。


関連記事(ミヤマエンレイソウの記憶)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

アカイロニセハムシハナカミキリ(赤色偽葉虫花髪切)

ビーグル号の航海日誌 2013年08月06日 22:00

130706アカイロニセハムシハナカミキリ@エコカフェ .JPG残雪の残る北アルプス小日向山(標高1907m)で自然観察会をした時に登山道脇の林縁で出会った小さな赤い昆虫。調べてみるとアカイロニセハムシハナカミキリらしい。[2013年7月6日撮影;第16回自然観察会@阿部]

アカイロニセハムシハナカミキリ(赤色偽葉虫花髪切、学名:Lemula nishimurai Seki)はカミキリムシ科ハナカミキリ亜科ハイイロハナカミキリ族ニセハムシハナカミキリ属の甲虫。日本固有種。分布は本州、四国に及び、山地の食樹のある林内や林縁などに生息。体長は6oから9oほど、上翅と前胸背板、頭部は真赤、腹部と脚は真黒なのが特徴です。出現時期は5月から7月頃、完全変態、幼虫の食樹はヌルデ、ミズキ、成虫は花粉や蜜を食します。その生態は不明な点が多いそうです

ニセハムシハナカミキリ属で日本産のものは4種、腹部の一部や脚の付け根が褐色のピックニセハムシハナカミキリと前胸背板が黒色のキバネニセハムシハナカミキリ、上翅までもが黒っぽいニセハムシハナカミキリがいます。


関連記事(アオカミキリモドキ(青髪切擬)は要注意!)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)は夫婦別色

ビーグル号の航海日誌 2013年08月05日 00:48

130727シオカラトンボ@エコカフェ.JPG赤城自然園内セゾンガーデンにある小さな池で見たもう一種類の蜻蛉、シオカラトンボです。ショウジョウトンボの深紅と対照的な色合いをしていてよく目立ちます。メスは腹部の色合いからムギワラトンボとも呼ばれています。[2013年7月27日撮影:親子自然ふれあい体験in赤城自然園@阿部]

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉、学名:Orthetrum albistylum speciosum (Uhler))はトンボ科ヨツボシトンボ亜科シオカラトンボ属の中型の蜻蛉。130727ショウジョウトンボとシオカラトンボ@エコカフェ.JPG分布は北海道、本州、四国、九州、南西諸島、国外では極東ロシア、中国、台湾などに広く、平地から低山の湿地や池沼などに生息。IUCNレッドリストで軽度懸念(LC)。体長は50mmから55mmほど、成熟した雌雄の体色が著しく異なります。オスでは全体が黒色化、胸部から腹部前部は灰白色の粉に覆われます。メスは黄色に小さな黒色の斑紋が散在します。複眼の色がオスは青色、メスは緑色と異なるそうです。出現時期は4月から10月頃、草上などに静止して交尾、打水産卵します。

名前の由来はオスの灰白色の粉を塩に見立て、塩は辛いからなのだろう。メスがムギワラトンボとの別名で呼ばれるのもメスの体色が麦わらに似ているからです。シオカラトンボ属は世界に60種以上、日本には9種が知られていますよ。


関連記事(ショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)の雄は真っ赤っか)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

東洋のマチュピチュ、別子銅山から

⇒寺子屋/学びツアー 2013年08月04日 21:46

DSC_0583.jpg 最終日は、東洋のマチュピチュらしい別子銅山へ。
新居浜市内から、30分程度車で移動。そこはかつて、銅の採掘のために約13000人が暮らした跡地。
江戸時代から260年のあいだ、すべてのものがそこに集まったそうだ。
学校、病院、劇場まで。
道幅は、牛車がとおれるほどしかなく、建物跡地は山のなかだ。
森賀先生からは、人々の暮らしぶりや災害の話を伺いながら、ゆっくりと下山していると…猛烈な雨にみまわれひたすら急いでの下山となりました!

関連記事(石鎚山と別子銅山を巡るツアー)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)の雄は真っ赤っか

130727ショウジョウトンボ@エコカフェ.JPG130727ショウジョウトンボとシオカラトンボ@エコカフェ.JPG赤城自然園内セゾンガーデンにある池には岩場が用意されています。鯉が隠れたり、アクセントをつけているのでしょうが、トンボたちにとっては格好の休息場所のようです。ここではショウジョウトンボを紹介します。 一緒に写っているのはシオカラトンボです。[2013年7月27日撮影:親子自然ふれあい体験in赤城自然園@阿部]

ショウジョウトンボ(猩々蜻蛉、学名:Crocothemis servilia mariannae(Kiauta))はトンボ科アカネ亜科ショウジョウトンボ属の中型の蜻蛉。日本固有亜種、IUCNレッドリストで軽度懸念(LC)。分布は北海道南部、本州、四国、九州、島嶼では佐渡から南西諸島北部に及び、平地から低山の池沼や水田、用水路などで多少の挺水植物があって、周囲が明るく開放的な場所に生息。体長は45mmから55mmほど、成熟したオスは全身が真っ赤、メスは黄褐色、雌雄とも未成熟では橙色という。出現時期は4月から10月頃まで、飛行しながらの交尾は短く、メスは単独で打水産卵をし、オスはその上空をホバリングし警戒態勢をとるという。食性は肉食性で幼虫はミジンコなど、成虫は小型の飛翔昆虫などです。

「ショウジョウ(猩々)」とは中国の伝説にある酒呑みの妖怪でいつも顔が赤いので、これに掛けたのです。高山植物のショウジョウバカマ(猩々袴)もそうでしたね。なお、南西諸島で見られるもので似ているが異なるタイリクショウジョウトンボがいます。


関連記事(クロイトトンボ(黒糸蜻蛉)の産卵行動を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

クロイトトンボ(黒糸蜻蛉)の産卵行動を

130727クロイトトンボ♂@エコカフェ.JPG赤城自然園内のセゾンガーデンにある池には鯉が泳いでいます。人工的ですが池や畔の生態系は自然へ年々帰依しています。池の畔や周辺ではナツアカネ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボなどのほかに小さなイトトンボの仲間が観察されました。調べてみるとクロイトトンボらしいです。交尾中のものもいました。[2013年7月27日撮影:親子自然ふれあい体験in赤城自然園@阿部]

クロイトトンボ(黒糸蜻蛉、学名:Cercion calamorum calamorum(Ris,))はイトトンボ科クロイトトンボ属の小型の糸蜻蛉。130727クロイトトンボたち@エコカフェ.JPG分布は本州(佐渡、隠岐を含む)、四国、九州(壱岐、対馬、種子島、屋久島を含む)、国外では朝鮮半島、中国東北部・華中に及び、平地から丘陵地の浮葉植物の豊富な池沼、畔は低い草丈の明るい場所に生息。体長は23mmから37mmほど、全体に黒色がかり、胸部側面と腹部の8節・9節が青色。成熟したオスの胸部側面が粉白色になるのが特徴です。出現時期は5月から7月頃と8月下旬から10月頃の年2回、暖地では継続するという。打水産卵、幼虫の食性はミジンコなど肉食、越冬は幼虫。成虫も肉食でユスリカなど小型の飛翔性昆虫。オスは繁殖のため縄張りをもちます。

クロイトトンボ属とアオモンイトトンボ属はよく似ているが、全体に黒色っぽいのが特徴のようです。日本に生息するクロイトトンボ属にはほかにオオイトトンボ、ムスジイトトンボ、セスジイトトンボ、オオセスジイトトンボが知られています。


関連記事(アオモンイトトンボin父島洲崎)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

雲になり風になった石鎚山行

⇒寺子屋/学びツアー 2013年08月03日 14:54

DSC_0579.jpg 無事に下山!
ブヨに悩ませられた道程でしたが、楽しい山登りでした。
なかなか頂上をみることは、かなわなかったけど…

関連記事(石鎚山と別子銅山を巡るツアー)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

雲霧とともに高山植物たちを

DSC_0576.jpgDSC_0577.jpg 頂上に到着!
やっぱり真っ白。
残念ながら、景色はよくないですが高山植物は見られました!

関連記事(石鎚山と別子銅山を巡るツアー)⇒

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

雲霧の中を石鎚山に向けて

DSC_0575.jpgDSC_0574.jpgいよいよ石鎚山に出発です。
しかし、前が見えない…

関連記事(石鎚山と別子銅山を巡るツアー)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

集中豪雨で視界不良の中を白石ロッジへ

⇒寺子屋/学びツアー 2013年08月02日 18:36

DSC_0570.jpgDSC_0573.jpg 正岡子規記念館をゆっくり鑑賞したあと、今日の宿である白石ロッヂへ移動。
途中、ものすごい雨で視界が悪く怖い思いもしましたが、無事到着!
あたりは、真っ白!

関連記事(石鎚山と別子銅山を巡るツアー)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

先駆的講義in愛媛大学森賀研究室

DSC_0560.jpgDSC_0569.jpg 愛媛大学で、森賀先生から先進的な農業研究をレクチャーしていただいた。
残念ながら、収穫後でいまは新しいトマトの苗を植えたばかりのようだ。

関連記事(石鎚山と別子銅山を巡るツアー)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ドクツルタケ(毒鶴茸)は毒御三家

ビーグル号の航海日誌 2013年08月01日 23:08

110911ドクツルタケ@エコカフェ.JPG110911ドクツルタケ柄@エコカフェ.JPG赤城自然園内の疎林下で散見された白色のキノコ。最近は見られるのでしょうか。正体は日本に自生する最も危険な三大毒キノコのひとつ、ドクツルタケです。同じ御三家で猛毒の近縁種シロタマゴテングタケに似ていますが、柄がささくれ、大型であることから特定できるようです。[2011年9月11日撮影:赤城自然園視察@阿部]

ドクツルタケ(毒鶴茸、学名:Amanita virosa (Fr.) Bertillon)はハラタケ目テングタケ科テングタケ属の毒キノコ。分布は北半球一帯に及び、広葉樹林や針葉樹林の林下に発生。発生時期は初夏から秋、子実体は初め円錐形、後に径6cmから15cmほどの傘を水平に開く。傘には条線はなく、湿気地には粘性があります。柄には傘の下に鍔(つば)がつきその下は上向きのささくれで覆われ、根元には袋状の壺が残ります。

ツルドクタケはアマトキシン、ファロトキシン、ビロトキシンの毒成分を含みます。アマトキシンは内臓細胞の破壊死をもたらし再生を不可能にするため極めて危険です。西欧では「死の天使」の異名で恐れられているそうです。なんとも。


関連記事(タマゴタケ(卵茸)は美味なり)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ