高山植物の魅力(95)/イワベンケイ(岩弁慶)

ビーグル号の航海日誌 2013年07月26日 22:52

130714イワベンケイ@エコカフェ(木曽御嶽山).jpg中央アルプス乗鞍火山帯の再南端に位置する木曽御嶽山(標高3067m)は複合成層火山で外輪山を伴う台形の独立峰である。古くから山岳信仰のメッカであるが、活火山で火山性ガスを噴出しているため気象庁は噴火予報を発表しています。[2013年7月14日撮影:木曽御嶽山@中村敏之]

イワベンケイ(岩弁慶、学名:Rhodiola rosea L.)はバラ目ベンケイソウ科イワベンケイ属の多年草。分布は本州中部地方以北、北海道、国外では北半球に広く、亜寒帯から高山帯の岩場や砂礫地などに自生。130714木曽御嶽山@エコカフェ(中村).jpg草丈は10cmから20cmほど、根茎はゴボウ状、葉は互生し多肉質、葉身1pから4cmほどの楕円形で葉縁に不規則に低鋸歯がつきます。花期は6月から8月頃、雌雄異株、花茎を伸ばし、黄色い小さな花を密集してたくさん咲かせます。雄花の花弁、萼片とも4枚、花弁は長さ約3mmの線形で黄緑色を帯び、雄蕊8本、子房は退化。雌花は花弁が萼片より短く、赤味を帯び、雄蕊が退化し、子房の下部が萼片と合着。果実は長さ1cmほどの4個の袋果、秋に赤褐色に熟し、多数の種子を放出します。

名前の由来は岩場に生え、花を切り取り数日して土壌に挿すと活着するほど生命力が強靭なことを弁慶に例えたことにあります。そんなイワベンケイはロサビンズやサリドロサイドなどの有効成分(アダプトゲン)を含むことから、ハーブや生薬として利用されるそうです。


関連記事(高山植物の魅力(94)/モウセンゴケ(毛氈苔))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

宵の赤坂浄土寺で盆踊り考

130726_2137~01.jpg130726_2138~01.jpgこのところすっかり猛暑の感ありです。
夏と言えば盆踊り、各地でご先祖様を供養する仏教行事と行われてきたものです。
その起源は古く平安時代の念仏踊りが盂蘭盆の行事と結びつき、ご先祖様の精霊を迎え、供養するための行事として鎌倉時代、室町時代と全国的に広まり、江戸時代の初めに絶頂をきわめていたといいます。
明治、大正、昭和、特に戦後ともなり、高度成長期を経て、今日的には夏の風物詩としてイベント的色彩のみが強調されているにすぎなくなってしまったようだ。花火大会も同じことでしょう。

130726_2139~02.jpg130726_2139~01.jpg130726_2139~03.jpg赤坂一ッ木通りにある浄土寺は文亀3年(1503年)開基、開山は明蓮社教誉聖光、本尊は阿弥陀如来だそうです。
境内には地蔵菩薩坐像(享保4年(1719年)鋳造)や閻魔王坐像が鎮座し、江戸時代には地蔵信仰や閻魔参りなどで賑わったといいます。
盆踊りや花火大会、なぜ行われているんだろうと少しだけ考えるのも面白いのではないでしょうか。
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

冬を懐かしく思えど・・・

写真.JPG
梅雨のような、夏のような、不思議な日々が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

早いものでもう7月も終わろうとしておりますが、
こんなにベタベタした暑い日が続き、夕方のスコールのような
豪雨が続くと、もう日本の夏は亜熱帯宣言しても良いのではないかと
思いますが、皆様はどう思われますか?


・・・ああ、コタツに入りながら棒アイスを食べたあの寒い日、
グツグツ音をたて、皆でワイワイ言いながら食べたあのキムチ鍋の味、
寒い寒いと言いながら地下鉄のホームの暖かさを感じたあの通勤、
夏よ早く来いと思っていた、あの冬に戻りたい。

・・・なんて、熱さ故の不快感を紛らわせるべく、

徒然なるままに書かせていただきました。

皆様お身体にはご自愛ください。




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

宵の大川を船渡船とともに

大坂@エコカフェ(黒木).jpgああ、そんな季節だったのですね。
黒木さんからです。

「お船から見上げる花火が良い!
桁が図上に迫って、同席した舞妓さんや芸妓さんが飛びあがって千社札を貼り付けているのも面白い。
何より行き交うお船に「よろしくお願いします」とご挨拶して大阪締めのエールを交わすのが楽しい!
船渡業@エコカフ(黒木)ェ.jpg橋桁@エコカフェ(黒木).jpgでも手が痛くなるので片手は団扇が活躍!」

こうして夏が繰り返される。
各地でも夏祭りが行われます。


関連記事(宵の大川で船渡御を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ