ブナ(橅)の深い森で

ビーグル号の航海日誌 2013年07月13日 13:44

130706ブナ若い果実@エコカフェ.JPG北アルプス白馬三山の前衝の山である小日向山(標高1907m)にある小日向のコルはミズ芭蕉の群生地。猿倉から登山道に入り、白馬岳方面との分岐を広葉樹林帯に入っていく。そこはブナ(シロブナ)を中心とした落葉広葉樹の森が広がっていました。深呼吸をするととても清々しい。[2013年7月6日撮影:第16回自然観察会@阿部]

ブナ(橅、学名:Fagus crenata Blume)はブナ目ブナ科ブナ属の落葉高木。分布は北海道南部、奥尻島、本州、四国、九州に及び、低山の照葉樹林帯と亜高山帯の針葉樹林帯の間の肥沃な落葉広葉樹林帯(関東周辺では標高800m以上)に多く自生。130706シロブナ@エコカフェ(小日向山).JPG130706シロブナ兄弟@エコカフェ(小日向山).JPG白神山地のブナ帯が有名。日本固有種。樹高は30mほど、樹皮は灰白色で平滑、本年枝は暗紫色で光沢があります。地衣類がよく着生。葉は互生し薄い洋紙質、葉身4cmから9cmほどの卵形か菱状卵形で葉縁に波状鈍鋸歯、葉先は尖ります。側脈は7対から11対ほどで葉縁に及びます。花期は5月頃、葉の展開と同時に、雄花序は本年枝の下部の葉腋に4、5個ほど頭状に下垂、雌花序は本年枝の上部の葉腋に1、2個を上向きにつけます。果実は径約2cmの漏斗で秋に熟すと4裂、中には3稜ある種子2個ほど入っています。種子はオニグルミに次ぎ栄養豊富なためツキノワグマ、ノネズミなど森の動物たちの食料になります。しかし、なぜか5年から7年で結実豊凶を繰り返すため、森の営みには撹乱が起こるようです

ブナは陰樹で成長が遅いもののやがて極相林となり純林を形成していきます。また、保水力に優れ、林床に豊かな植生を創出し、水源涵養の重要な役割を果たし、川を下り豊かな海までをつくる水循環のなかで重要な役割を果たします。森里海連関学の基礎のようなものです。


関連記事(白神山地の思い出)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

これなんだシリーズ(219)

130710これなんだ@エコカフェ.JPGこのところのうだるような暑さ。
ついに蝉も鳴きはじめました。

都心の公園の片隅。
人の背丈ほどもあります。
見事な花ですね。
園芸品種かな。



ヒント⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ