伊豆城ヶ崎海岸の生立ちは

ビーグル号の航海日誌 2013年06月08日 23:37

130608海浜植物群落@エコカフェ.JPG伊豆半島最東端に近い城ケ崎海岸は富士箱根伊豆国立公園の一部をなしている風光明美な海岸です。リアス式海岸と呼ばれることもあるが、本来は三陸海岸のような沈水海岸のことを指すので間違いです。典型的な海浜植物群落がみられるのも嬉しいですね。[2013年6月8日撮影:城ヶ崎海岸@山崎]

今から4000年頃前に伊豆東部火山群大室山(標高:580m)が形成される火山活動に伴い、粘度のある溶岩が東部海岸腺を流れ、2kmに渡り埋め尽くしたという。130608城ヶ崎海岸吊り橋@エコカフェ.JPG130608クリンカー(上部)と板状摂理(中間部)、柱状節理(下部)@エコカフェ.JPG溶岩による海岸線は波浪による海蝕を受け、吊橋のある付近など場所によっては高さ20mから30mもの断崖が誕生しています。溶岩質は厚く堆積した安山岩であって、溶岩の下部から上部に向かって、冷却時間に差があることから、一番下に柱状節理、その上に板状摂理、さらにその上に水平方向に無摂理、一番上に角礫状のクリンカー(自破砕)といった構成になっています

そもそもフィリピン海プレート上にある伊豆半島は太平洋プレートがフィリピン海プレートの下に沈み込むことで火山活動を誘発し誕生した火山島(現在は本州に衝突し接続しているが)であって、現在でも沈み込みによる引っ張りの応力が東西にかかっているため、岩盤が縦裂しやすく地下からのマグマの貫入が起こりやすいと考えられています。この地域での現在でも多く発生する地震の原因であもあるわけです。


関連記事(伊豆山から朝焼けと日出と島々を)⇒
関連記事(相模湾に浮かぶ初島、小さな思い出を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ナガバヤブマオ(長葉藪苧麻)

130411ナガバヤブマオ@エコカフェ奄美大島エコツアー_127_s.jpg奄美大島の金作原原生林は亜熱帯性照葉樹林の森、ヒカゲヘゴなどの背の高い木生シダが展開しています。そんな林縁には背の低いシダ植物や多様な低木、草本を見ることができます。よく見かけるナガバヤブマオ、別名にホソバヤブマオもそんなひとつです。[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

ナガバヤブマオ(長葉藪苧麻、学名:Boehmeria sieboldiana Blume)はイラクサ科カラムシ属の多年草。分布は本州宮城・山形以南、四国、九州、南西諸島、国外では台湾、朝鮮半島南部などに及び、山地の木陰などに自生。草丈は100pから200cmほど、叢生し、茎は四稜が目立ちます。葉は対生し薄く光沢があり、葉身15pから20pほどの卵状披針形で葉縁に鋭鋸歯、葉先は尾状に尖ります。葉柄はやや帯赤色、葉両面と同様に疎らに毛が生えます。花期は8月から10月頃、葉腋からヤブマオより細い長さ20pほどの穂状花序をだし、花序は成熟すると下垂します。

ナガバヤブマオは他のこの仲間と同様に雌花序だけで無性生殖する個体群と有性生殖の個体群があって、後者のものは南西諸島から台湾にかけて自生するものがそうであるとの研究があるようです。


関連記事(シマナガバヤブマオ(島長葉藪苧麻)も雌花ばかり)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

安達太良山で深呼吸を

130608安達太良山から郡山市街を@エコカフェ(森本).jpg安達太良山に登って来ました。
山頂と山頂から郡山市方面の写真と安達太良山の火口です!
天気が余り良くなかったのが、少し残念でした!

(福島より、森本)

130608安達太良山@エコカフェ(森本).jpg130608安達太良山山頂@エコカフェ(森本).jpg
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

トイレの神様はなにか

120718_2059~01_0001.jpg120718_2059~01_0001.jpgまたまたトイレの壁に掲げられていた贈り物です。トイレはかくあるべき。ちょっとした人生訓やら気づきやら、なるほど。
場所は千葉にあるエコカフェの第2絶滅危惧種保護センターの近くにあるお店です。


物や金は使う人の器量に応じてその真価を発揮する

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ