メヤブマオ(姫藪苧麻)は多兄弟

ビーグル号の航海日誌 2013年05月31日 22:57

130505メヤブマオ@エコカフェ.JPG「しろがねの森」路傍の植物コーナーの林床でヤブマオの近くにメヤブマオが植栽展示されています。ただ見ているだけでは両者の違いが分かりませんね。[2013年5月5日撮影:国立科学博物館附属自然教育園@山崎]

メヤブマオ(姫藪苧麻、学名:Boehmeria platanifolia (Maxim.) Franch. et Sav. ex C.H.Wright)はバラ目イラクサ科カラムシ属の多年草。分布はヤブマオと同じで北海道、本州、四国、九州、国外では中国、台湾に及び、山野の林内に自生。草丈は1mほど、葉は対生し、ヤブマオに似るが葉先が深く3裂するものが多いという。葉の両面に短毛が生えます花期は8月から10月頃、ヤブマオに比べて雌花序は細く、雌花の塊りが離散するそうです。

ヤブナオの仲間は変異が多いそうで、カタバヤブマオ、マルバヤブマオ、オニヤブナオ、ニオウヤブマオ、ラセイタソウ、アカソ、クサコアカソ、コアカソなどが知られています。 ヤブマオの仲間は無性生殖(単為生殖)により増殖するらしくメヤブマオもそのようです。


関連記事(海浜植物、ラセイタソウ(羅背板草)の逞しさ)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ