南三陸町とチリを繋ぐモアイ像とは

ビーグル号の航海日誌 2013年04月30日 22:58

120311モアイ像@エコカフェ(志津川).JPGこの5月下旬、南三陸町の人びとにチリ政府から新造のモアイ像が寄贈されるそうだ。その像はチリ沖西4000kmの絶海の孤島、イースターに産する凝灰岩から造られたという。何故に南三陸町とチリが。本来モアイ像はイースター島の巨石像群であって7世紀から1千年の年月の間に造られたものだ。像にはマヌ(霊力)が宿ると言われているそうだ。

時は53年前の昭和35年(1960年)、チリ地震津波により南三陸町では53名が犠牲になった。30周年追悼を祈念して、南三陸町(当時:志津川町)は「復興と友好」のシンボルとしてモアイ像をチリから輸入。そのモアイ像も残念なことに先の大津波で頭部損壊。昨年、南三陸町を訪れたチリのピニェラ大統領はそのことを知って、東日本大震災からの復興に必死に立ち上がり、心一つに合わせて懸命に努力している町の人びとの姿に感銘し、寄贈を申し出たのだそうだ。

私たちにとってモアイ像は遠く太平洋を挟んだ両国の「復興と友好」への願いを超え、「私たち人類と自然との共生」を訴えるシンボルでもあって欲しいと思う。かつて、緑豊かな椰子の生い茂る森があったイースター島、伐採による自然破壊が原因で人びとまでもが1千年の後に滅んでしまった。そんな歴史を繰り返さないためにも。幸い、南三陸沿岸は山が海に迫り、古くから山は「魚付き森」といって、漁師たちは豊かな漁場を維持するために、植林をし下草を刈り、森を守ってきた。森は雨水にミネラルを加え、豊穣な海を育てる働きがあることを生きる知恵として代々受け継いでいる。何とも素晴らしいことではありませんか。何とも。


by トノサマガエル

関連記事(三宅島阿古漁港でにわか太公望)⇒    関連記事(唐桑半島からの新たな発信!)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

過去の延長線上にある現在、未来

100821唐桑湾@エコカフェ森里海学びツアー 055.jpgあらからどれくらいの月日が経過したというのだろう。
東日本大震災に直面した私たちは、何を考え、どのような行動をしたのだろうか。

私たちにとって、過去の記憶が時間とともに曖昧に薄れるのは生命を維持するための重要な機構のような気もするが。不快なこと、嫌なことは脳に備わった忘却機構により一方的な蓄積から回避され深い無意識の世界に断片となって崩れていく。
もしも、忘却機構がなかったならば、常にリアルな記憶としていつでも再現され、脳の電気的回路は輻輳状態に陥り、ホルモン分泌も異常をきたして精神的なパニック状態になってしまうだろう。
幸い遠い記憶は、一度学習プロセスを経て生きる知恵となった後に、朦朧として脳の片隅に残存している断片、かけらに過ぎない。ある瞬間よぎる恐怖心だったり、不快感であったり。喜びや楽しみだって忘却機構の例外ではないようだ。
すべてが過去の朦朧と化し、新しい記憶に重畳的に塗り替えられていく。複数の記憶は互いに融合しあい、新しい刺激とともに未来に向けて新たな物語を紡いでいくに違いない。

あの時の津波に揉まれ海底の汚泥をかぶった茶碗や瓶を洗った地下から汲み上げられた澄んだ地下水の冷たさを。おお、真っ直ぐに櫂をこごう。大海をどこまでも、どこまでも。


by トノサマガエル

関連記事(できることをひとつひとつin志津川)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ヒリュウシダ(緋竜羊歯)

130411ヒリュウシダ@エコカフェ奄美大島エコツアー_170_s.jpg奄美大島の「金作原原生林」の深い森には照葉樹林内にヒカゲヘゴやヘゴの木生シダ植物がニョキニョキとジュラシックパークのような雰囲気をつくっています。もちろん、林下や林床にも多様なシダ植物が繁茂していたりもします。ここではヒリュウシダを紹介します。[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

ヒリュウシダ(緋竜羊歯、学名:Blechnum orientale L.)はウラボシ目シシガシラ科ヒリュウシダ属の南方系の大型の常緑性シダ植物。分布は南西諸島屋久島以南、小笠原諸島、国外では台湾、中国南部、東南アジアからオセアニアの熱帯・亜熱帯地域に広く、低地から山地の明るい林床、林縁、道路脇などに自生。130411ヒリュウシダ@エコカフェ奄美大島エコツアー_169_s.jpg草丈は2m超、根茎は塊状で短く斜上、葉は根茎から叢生し葉柄基部は褐色の鱗片に覆われます。葉柄は50pほどで突起が散生、葉身1m以上の一回羽状複葉、羽片は最大長約30pほどの披針形で30対から50対ほどつきます。新葉は赤っぽく、新芽は食用になるそうです。ソーラス(胞子嚢群)は羽片裏の羽軸に沿って伸び、 胞膜は成熟する前に裂けてしまいます。

北海道から屋久島までに分布するシシガシラと同じ仲間ですが、超大型であること、胞子葉がないこと、など似てもにつきませんね。ただし、新葉が赤っぽいのは似ていると思います。


関連記事(リュウビンタイ(竜髭帯)は大型)⇒
関連記事(シシガシラ(獅子頭))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

ホンシュウジカ(本州鹿)は地域亜種

130415ホンシュウジカ@エコカフェ(中村).jpgこの大型連休中に登山や山スキーを楽しんでいる方がたも多いようだ。残雪が深い高山では緩み雪崩を起こしやすい季節であり注意が必要である。お手軽なところでは身近な低山では木々が新芽を展開し、若葉があちこちで萌えていて結構楽しいかもしれません。ここでは塔の岳から丹沢山に至る尾根筋をトレッキングしたときに出逢ったホンシュウジカを紹介します。[2013年4月15日撮影:丹沢山@中村敏之]

ホンシュウジカ(本州鹿、学名:Cervus nippon centralis (Kishida))はウシ亜目シカ科シカ属のニホンジカ亜種。軽度懸念(LC)。分布は本州、山地の森林や草原などに生息。体長は130pから160cm、体重は50kgから85kgほど、体色は夏は赤茶色に白斑、冬は黒褐色、雄にのみ角が生え、毎年生え替わります。 食性は草食性で全国的に森林や下草などの食害が問題になっています。ちなみに奈良公園に生息するホンシュウジカは「奈良の鹿」とよばれ、国の天然記念物に指定され厳重に守られています。奈良では鹿は神に仕える特別なものなのですよ。

前にも書きましたが、日本に生息するニホンジカはエゾジカ、ホンシュウジカ、キュウシュウジカ、ツシマジカ、マゲシカ、ヤクシカ、ケラマジカの地域的に7亜種が知られています。また、にニホンジカはロシア沿海州、中国、朝鮮半島、台湾に広く分布し、全部で16の地域亜種が知られ、ベルクマンの法則で北方地域の個体ほど体が大きいといいます。クマも同じでしたね。


関連記事(大台ケ原の調査視察を終えて)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ