森本さん、土岐くんの壮行会!!

船長からのお知らせ 2013年03月26日 22:00

130326よき仲間たち@エコカフェ.JPG当初、森本さんだけの壮行会でしたが、ニューズレターの編集委員として携わっていただいておりました土岐くんもこの4月より京都大学生態学研究センターでポスドクとして行かれるということで、急遽、お二人の壮行会にさせていただきました。

森本さんへは「デジカメと観葉植物」
土岐くんへは「名刺入れと観葉植物」
をお贈りさせていただきました。130326誓い@エコカフェ.JPG130326笑い@エコカフェ.JPG 


お二人のこれからのますますのご活躍と、引き続きエコカフェに積極的に参加いただけることを誓ってのお開きとなりました。日程に選択肢がなかったため、主役の日程を優先に決めさせていただいたこと、ゆかりの皆さまを中心にお声掛けをさせていただいたことを御理解下さい。皆さまにおかれましては、引き続きよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

箱根大涌谷はかつては地獄谷と

2013_03_23_大涌谷@エコカフェ第13回自然観察会in箱根_147_s.jpg箱根山の中央火口丘を形成する神山(標高1436m)と冠ヶ岳(標高1409m)から箱根大涌谷まで下ってくると辺りの様子は様変わりだ。噴気による硫黄臭の漂う火山ガスと高温の水蒸気が地表の至る所から立ち上っている。かつて地獄谷と呼ばれた。[2013年3月23日撮影:第15回自然観察会@阿部]

約3000年前、神山北西斜面で大規模な水蒸気爆発が起こった。そのとき山崩れが発生し爆裂火口を堆積物が覆い隠してしまって大涌谷が生まれた。2013_03_23_大涌谷@エコカフェ第13回自然観察会in箱根_149_s.jpg道理で至る所から噴気が立ち上っているわけだ。現在はジオパークとして一大観光地となり、散策道も整備され、名物の真っ黒な温泉卵が売られている。温泉卵の殻が黒色になるのは硫黄と鉄分が化学反応した硫化鉄が付着するからだ。5個で500円、良心的な価格である。

大涌谷の周辺にはススキ、ブナ、アセビミズナラなどが植生回復しているが、さすがに今でも時々発生する崩壊地や火山ガスの影響の出やすい斜面などでは裸地であったり、イタドリノリウツギ、コアジサイ、イオウゴケなど酸性に強い植物の進出と攻防が見てとれたりもする。また、立ち枯れした樹木が自然の造形美を見せてくれるのも面白い。


関連記事(大路池は渡りの季節に)⇒
関連記事(火山噴火による溶岩原を訪ねて)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

駒ケ岳山頂に駒形大神が鎮座

2013_03_23_箱根神社元宮@エコカフェ第13回自然観察会in箱根_22_s.jpg箱根駒ケ岳は火山ドームであるため土鍋を逆さにしたような形状で山頂は緩やかに湾曲傾斜している。北側には最高峰の霊峰神山(標高1438m)を仰ぎ、古代より山岳信仰の霊地であって山頂には箱根元宮の社殿があり、箱根大神が鎮座しているという。[2013年3月23日撮影:第15回自然観察会@阿部]

由緒案内看板には、「二千有余年の昔、孝昭天皇の御代、聖占仙人が、神山に鎮まります山神の威徳を感應し、駒ヶ岳山頂に神仙宮を開き、次いで利行丈人、玄利老人により、神山を天津神籬(アマツヒモロギ)とし、駒ヶ岳を天津磐境(アマツイワサカ)として祭祀したのに始まる。2013_03_23_箱根神社元宮馬降石@エコカフェ第13回自然観察会in箱根_21_s.jpg2013_03_23_駒形大神@エコカフェ第13回自然観察会in箱根_20_s.jpg・・・・人皇二十九代欽明天皇の御代に佛教が渡来して以来神佛習合して、修験者等が練行苦行する霊場として有名になった。」とある。その後、奈良時代の天平宝字元年(757年)、万巻上人が入峰して山麓の芦ノ湖畔に箱根神社(箱根里宮)を創建し、僧・俗・女の三体の神を箱根三所権現(箱根大神:瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)・木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)・彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト))として祀ったという。箱根大神は習合して文殊菩薩・弥勒菩薩・観世音菩薩が本地仏となります。箱根駒ケ岳は箱根神社の神体山でもあるのです。

参道の階段を上がった鳥居の左手に、注連縄を張ってある「馬降石」があり、白馬に乗って神様が降臨された岩と伝えられているそうです。「馬降石」の奥に小さな石造りの御宮があり、駒形大神が鎮座しています。当時の朝鮮は高麗朝時代、仏教文化伝来の国、箱根神社が駒形神社を奉祀するのは、朝鮮から高麗大神を勧請したことに関係があるのでしょう。左手には「馬乗石」があります。なんとも神話とは厄介なものです。


関連記事(日本神話へ、猿田彦神社)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ