新宿御苑温室でプチ小笠原を

ビーグル号の航海日誌 2013年03月19日 07:34

オオハマギキョウ@エコカフェ.JPG新宿御苑の大温室は長らく工事中であったが、昨年11月にリニューアルオープンしています。春の暖かさに誘われるままに、エコカフェの草花教室のための事前調査に行ってきました。館内は新しいためコンパクトかつ小綺麗に珍しい熱帯・亜熱帯の植物が植栽展示されています。

わたしたちは小笠原の植生展示コーナーを注目。管内でも取り分け日当たりのよい一角にコーナーが用意されており、オオハマギキョウムニンツツジムニンノボタンムニンシャシャンボムニンタツナミソウシマカコソウチチジマキイチゴなどの基本的な小笠原に固有の植物を見ることができます。

もちろん、小笠原に固有のマルハチタコノキも少し離れたヤシの仲間が展示してあるコーナーで見ることができます。初めて小笠原の亜熱帯の固有植物を知ろうとするには向いているかもしれませんね。夢の島熱帯植物館や小石川植物園温室などもあわせて訪ねてみるとよいでしょう。


関連記事(夢の島熱帯植物館で学びを)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ