ナメラカラクサゴケ(滑ら唐草木毛)は地衣類

ビーグル号の航海日誌 2013年02月03日 22:07

13020ナメラカラクサゴケ@エコカフェ.JPG奥鬼怒温泉郷の加仁湯の近くを雪中散策中に岩上や樹皮上に多様な蘚苔類や地衣類を確認することができた。辺りは雪深く、氷点下の日もまだ多いというのに、むき出しの姿で寒さに耐えているような気がする。ヤマヒコノリと一緒に樹皮に着生する恐らくナメラカラクサゴケだと思います。名前に「コケ」とありますが、蘚苔類ではなく地衣類です。[2013年2月2日撮影:加仁湯周辺@山崎]

ナメラカラクサゴケ(滑ら唐草木毛、学名:Parmelia praesquarrosa Kurok.)はウメノキゴケ科カラクサゴケ属の葉状地衣類。分布は日本ではブナ帯以上の針葉樹林内などの樹皮に着生。地衣帯の背面は灰緑色で全体に滑らかで不整形な白色班が入り、葉縁部は灰白色の細い線で縁取られます。粉芽も裂芽もなく、子器はレカノラ型、胞子で増えます。

同じ仲間に粉芽も裂芽も形成しないトゲナシカラクサゴケ、粉芽はないが裂芽を形成するカラクサゴケが知られています。同定は難しいのでカラクサゴケの仲間とするので十分なのかもしれませんね。


関連記事(ヤマヒコノリ(山彦海苔))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

断崖上部に柱状摂理の絶壁

SN3M0010_0001.jpgSN3M0007_0001.jpg加仁湯対岸には見事な断崖絶壁がそそりたっています。
地下のマグマが上昇し地上近くで冷え固まったものだ。輝石安山岩だそうです。
断崖下部では絶えず崩落が発生しているため大きな樹木は育っていません。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

八丁の湯は遥か眼下に

130202_1514~02.jpg130202_1514~01.jpg眼下の渓流沿いに八丁の湯があるという。道中一の絶景だ。
気温は南から入り込む暖かな大気のため七度まで上昇している。
先週末は日中でも氷点下七度だったというから雪解けが進みそう。
コの付近で積雪は一メートル近くはあるそうだ。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ