謹賀新年・巳

ビーグル号の航海日誌 2013年01月01日 07:54

130101謹賀新年@エコカフェ.jpg明けましておめでとうございます。
エコカフェでは身近な自然(生態系)を教室に子どもからおとなまで観察や体験などのあり方を実証・提案しています。
私たちの属する現代社会は、技術革新の中で生活を高度化、複雑化し、加えて希薄化(バーチャル空間)させてしまい、自然はもはや非日常的な空間になってしまったようです。

本来、私たちは地球上に出現して以来、長い年月をかけて、自然とのかかわりの中で創意工夫し、智恵を磨き、生活を豊かにし、社会を発展させてきたことを忘れないでほしいと思います。
自然は私たちにとって、食糧や燃料、資源といった社会生活の必需品だけではなく、安らぎやストレスの発散を促してくれる存在でもあります。

一方、自然はわずかではありますが刻々と変化し、同じ姿をとどめることはありません。自然は、本質的に破壊と再生(創造)を繰り返し、変化しているのです。時に私たちにとっては災害と理解されますが。
すべての自然現象には因果関係があります。地球の温暖化も砂漠化も異常気象も、資源の枯渇も、地球には絶えずエネルギーが循環し、物質が循環しています。

まずは、身近な自然とのかかわりの中から、何かを学び、何かを気づくことが、大自然の中で生きている、生かされている、私たち、特に子どもたちにとって最も大切だと考えます。
過去もそうであったように、私たちが未来に向け生命活動を維持し、社会を育むために、身近な自然や絶滅に瀕している生き物たちのことを「識り」、「守り」、「伝える」、エコカフェの活動に参画してみませんか。

本年も皆さまのご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。


平成25年元旦
理事会・運営評価委員会・事務局一同








posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ