樹幹に着生するサジラン(匙蘭)の見事な群落

ビーグル号の航海日誌 2012年11月12日 20:40

121028サジラン@エコカフェ.JPG伊勢神宮内宮境内の大きなクスノキの樹幹におびただしい数のノキシノブに似たシダが着生していました。日本に自生するノキシノブの仲間には数種が知られているので調べてみることにしました。なんと写真をよく観察すると胞子嚢群のつき方がノキシノブの仲間とは全く異なり、サジランであるとわかりました。サジランといってもランの仲間ではないのです。[2012年10月28日撮影:伊勢神宮@山崎]

サジラン(匙蘭、学名:Loxogramme dulouxii Christ)はウラボシ科サジラン属の常緑多年生の着生シダ植物。121028クスノキ巨木群@エコカフェ.JPG分布は本州福島県以南、四国、九州、国外では朝鮮半島済州島、中国西南部、台湾、タイ、ヒマラヤに及び、温帯上部の林内の岩上や樹幹に着生。根茎はよく匍匐し鱗片が密生、葉は単葉でやや厚い皮質、葉身15cmから40cmほどのへら形で全縁、無毛、葉先は尖ります。葉柄はごく短く下部が黒褐色で中肋が盛り上がるのが特徴です。胞子嚢群(ソーラス)は包膜を欠き、中肋と鋭角で側脈に沿って線形につきます。

サジラン属の仲間は、旧世界の熱帯アジアを中心に35種が分布し、日本にはサジランの他に似ているが葉柄下部が緑色で中肋が盛り上がらないイワヤナギシダ、胞子嚢群が葉の上半分に限られ湿性を好むヒメサジランが知られています。おもしろいことに熱帯アメリカのメキシコに1種のみ隔離分布しているそうです。


関連記事(ミヤマノキシノブ(深山軒忍))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

水の都が水浸しになっているとは

120824ベネチア風景3@エコカフェ.JPGイタリアの北東部に位置する水の都、ベネチアの街が洪水で水浸しになっているとの報道。街の6割が最大1.5mも水没したという。この高潮を「アクア・アルタ」と呼ぶそうです。[2012年8月24日撮影:ベネチア@山崎]
この現象は昔からたびたび発生しているという。この地域は11月3月にかけてアフリカの季節風「シロッコ」が吹きアドリア海の会水面を上昇させる傾向があるそうだ。この風によって暖かい湿った空気がもたらされることで大量の雨が降ると海に流れ込みさらに水位の上昇をもたらす。満潮時には最悪の事態が繰り返されることになります。
120824ベネチア風景@エコカフェ.JPG120824ベネチア風景2@エコカフェ.JPGこの問題はベネチアにとっては永遠の課題でもある。さらに、近年では温暖化の影響もあってか洪水の頻度が多くなっているという。高位防潮堤の建設が急がれていると聞きますが自然との戦いは人類の歴史そのものでもあるのでしょう。高度防潮堤の建設が急がれています。


関連記事(今年のゲリラ豪雨)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

子ガメの大海原への旅立ちにエールを

120303復習授業@エコカフェ(小笠原海洋センター).JPG2011年度3月のアオウミガメレポートです。今回はHPへの掲載がとんでもなく遅れてしまいました。5年生はみな6年生に進級しています。小笠原海洋センターとの協働の小笠原小学校の現5年生の皆さんの総合学習も続いています。[3月レポート詳細はこちら⇒]

3月3日:1年間の復習と標識付け説明
3月8日:標識付けと定期計測
3月17日:放流会&海岸清掃
120317放流授業@エコカフェ(小笠原海洋センター).JPG120317さあお別れだ@エコカフェ(小笠原海洋センター).JPG
昨年5月から始まった総合学習。子どもたちはアオウミガメの稚ガメの成長に触れ、多くのことを学び感じる事ができたようです。そして子どもたち自身、感受性の強い果敢な時期に知識だけではなく、子ガメたちの成長の記録を一緒に共同で行うことで自らの心を切磋琢磨したようですお母さんがカメの産卵、卵の移植、子ガメへの餌やり、身体測定、そして子ガメの死、解剖、原因の把握、骨格標本作製、水槽清掃、大海原への旅立ち。子どもたちの子ガメを大海原に送り出す表情からは、大きく、逞しく、心を成長させた姿がしっかり読み取れました

一年間ありがとうございました!!


関連記事(子どもたちは逞しく成長していました)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ