珍しくなったサワガニ(沢蟹)に

ビーグル号の航海日誌 2012年11月04日 20:00

121027サワガニ@エコカフェ.JPG葦毛湿原でミカワバイケソウ(三河梅尅)の自生地に立ち寄った際、浅い流れの中で最近では珍しくなったサワガニを見つけました。まだ小さく2歳くらいでしょうか。周囲を少し探してみましたが、他に水生昆虫などは確認できませんでした。[2012年10月27日撮影:葦毛湿原@阿部]

サワガニ(沢蟹、学名:Geothelphusa dehaani (White))はエビ目(十脚目)サワガニ科サワガニ属の淡水性のカニ。日本固有種。分布は本州、四国、九州、佐渡島、男女群島、五島列島、種子島、屋久島、トカラ列島の中之島に及び、水のきれいな川の上流域から中流域にかけて生息。「渡瀬線」の北側が南限です。甲幅は20oから30mmほど、甲羅は滑らかで黒褐色か赤褐色、鉄鋏はオスの右側がやや大きく(左側が大きい個体もいる)、脚は赤色。体色については変異が大きいく地域個体群によって差異が認められるそうです。食性は雑食性で藻類や水生昆虫、ミミズなど幅広いという。

繁殖期は6月から10月頃で、交尾後数日でメスは数十個の径2oの卵を産卵し、1月ほど腹に抱卵したまま陸生活をします。卵の中で幼生は変態し孵化する時には親と同じ姿になっています。この点、清流という厳しい環境下で種を紡ぐためにアカテガニモクズガニが幼生(ゾエア)を大海に放出するのとは全く異なる戦略をとっているのです。すごいですね。


関連記事(君はアカテガニ(赤手蟹))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ