神代植物園で小笠原の絶滅にひんしている植物を

ビーグル号の航海日誌 2012年10月13日 18:38

121013小笠原絶滅危惧植物関係説明看板@エコカフェ(神代植物園).JPG急に神代植物園を訪ねることになった。草花教室の事前調査みたいなものです。
神代植物園の温室には「小笠原の絶滅に瀕している植物」の展示コーナーがあります。マルハチハハジマノボタンシマムロなど小笠原固有植物が保護栽培されているが、自生地とは全く異なる土壌環境のためか樹勢がなく貧弱な様子で痛々しいです。小石川植物園夢の島熱帯植物館と比べても少し残念でした。

看板説明文を引用します。
「【小笠原における「種の保存法」指定植物について】
 小笠原には種の保存法(平成5年施行)で指定されている植物が12種あります。これらの植物は許可なく自生地から持ち出したり移動することは禁じられ違反すると罰せられます。種ごとに保護増殖事業計画が策定され手厚く保護対策がなされています。
 これら12種の植物は最後の一株まで減ってしまったものや、絶滅したと思われていたものなど非常に危機的な状況のものです。関係者の20年間に渡る努力により絶滅の危機を何とか回避してきた種です。今後も引き続き植物園をはじめ現地器官や関係省庁・自治体の連携の中で保護していく必要があります。
【小笠原における「絶滅危惧植物」保護増殖事業について】
小笠原では1986年(昭和61年)より絶滅危惧植物の保護増殖事業が東大小石川植物園を中心となり東京都小笠原支庁との連携で開始されました。その後、絶滅危惧植物保護増殖事業は環境省の資金が入り国の事業として認められ現在に至っています。」


関連報告書(小石川植物園における小笠原関係の調査結果)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

会津良いとこ何度もおいでや!

会津の米@エコカフェ.JPG会津の雪@エコカフェ(弓田).JPGエコカフェ会津分室の弓田修司さん、会津流紋焼き窯元のおやじでもある。東日本大震災では福島原発事故の避難住民の受け入れをしたり、復興支援をしたりしながら苦境の中、けん命に商売を切り盛りしている。

この夏は日中の日差しがきつく気温も上がり、夜間との寒暖の差が大きかったため甘味の強い美味しい米ができたそうです。世にいう「会津米」です。ところが原発事故に伴う放射性物質による風評被害があってう売れ行きが芳しくないと言います。
会津にはいろんな特産品があります。「会津の雪」と称した濃厚なヨーグルトもそのひとつです。会津は花崗岩質の岩盤を抱えた山々が多く。とりわけ伏流水は軟水で美味しいです。この水と野性的な牧草で育った牛の乳から作ったヨーグルトは極上です。

政治や政府の声も庶民の食卓には届かないようです。政治も行政も国民から信頼されて初めて大きな力を発揮するのです。この際、全国的な影響力をもつマスコミの力を借りたいところですがいかがですか?小さな力の結集だけでは時間もかかり限界があるのも厳しい現実のようです。食べて、応援しよう!!


関連記事(流紋焼、赤坂サカスにあらわる)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ