首切り地蔵の伝承から

ビーグル号の航海日誌 2012年10月12日 23:14

120728首切り地蔵@エコカフェ(春日山).JPG春日山周遊コース、高山神社から山間を少し下ると三叉路が現れ、休憩所が用意されている場所があります。この三叉路のガマズミの木の脇に首切り地蔵が左手に宝珠をのせ、右手に錫杖を執って旅人の安全を約束してくれているようです。[2012年7月28日撮影:奈良・京都視察@阿部]

説明看板に次のようにあります。「荒木又右右衛門がためし斬りしたと伝えられる首切り地蔵です。彫刻の手法から鎌倉時代の作と思われます。谷川沿いに登ってきたこの道は滝坂道と呼ばれ、江戸中期に奈良奉行により敷かれた石畳の道は、昭和の初めまで柳生方面から奈良へ米や薪炭を牛馬の背につけて下り、日用品を積んで帰っていくのに使われたものです。」平安時代以降、極楽浄土に往生の叶わない衆生は、必ず地獄へ堕ちるものという浄土信仰が強まり、道教の十王思想と結びついて地獄における責め苦からの救済を求めて地蔵菩薩が冥界の教主として信仰されるようになります。鎌倉時代には辻に祀られ、戦いの守り仏ともなったそうです

江戸時代になるとそれまでの疫病悪鬼が集落に入らぬよう護る道祖神信仰とも結びつき、集落の結界(境界)や街角、辻に地蔵菩薩が広く祀られるようになり、多くの庶民が信仰の対象として参拝すると「縁結び」そして「子育て」へと発展し 亡き我が子が三途の川を渡るため岸辺に積む小石を蹴散らかす邪鬼から守ってくれる仏といつしか崇められ、「子供や水子を守る」今日のような地蔵信仰になり、地蔵盆も盛んになったのです。街角のお地蔵さんが洗い清められ、新しい前垂れを着せられ、飾り付けてなどがされます。


関連記事(佐渡島宿根木の共同井戸は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

春日山は水神の聖域也

120728高山神社@エコカフェ(春日大社).JPG今年の夏は本当に暑かったです。そんな中、奈良県の春日山(標高498m)原生林で汗びっしょりになったのが印象的でした。なぜに暑い季節に暑い奈良で山登りと地元の友人に笑われてしまいました。でも一緒に登ってくれました。春日山は一千年以上にわたり伐採が禁止されていた原生林を抱えているのです。よほど神聖な地であったに違いありません。そんなことをしっかり体感したかったのです。[2012年7月28日撮影:奈良・京都視察@阿部]

120728切り株と若木@エコカフェ.JPG120728折樹とつる植物@エコカフェ.JPG春日山周遊コースを芳山交番所か下山のために山道に入ると右手に高山神社が控えめに鎮座しています。高山神社には春日大社末社のひとつで、龍王(水神)が祀られおり、古来より祈雨法要が行われてきたそうです。
この高山神社のさらに北奥に春日大社末社の鳴雷神社(古く高山龍王社)が鎮座しているそうです。残念ながら急いでいたため気づかず足を運ぶことはいたしませんでしたが、こちらも古く、由緒は貞観元年(859年)、祭神は水神です。鳴雷神社はまさに能登川の水源に当たり、春日信仰の源を探る上で重要な神社だそうです。
ならばと春日山にある春日大社末社を調べてみると、佐保川水源に鎮座する神野神社、水谷川水源に鎮座する上水谷神社が今に伝えられているようです。やはりどちらも祭神は水神です。

古来より奈良に都を置くよりもずっと昔から人びとは春日山を大切にしてきたに違いありません。四季のある日本において日照りによる干ばつなど自然現象を前に作物の豊穣を願って水神を崇拝してきたのです。この土地には猿沢池春日山室生寺をつなぐ伝説も残されているようです。


関連記事(春日大社境内内のイチイガシ巨樹群)⇒
関連記事(大山阿夫利神社の由緒は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

カツラ(桂)の黄葉を

090922カツラ.JPGこのところ朝夕は気温が下がりめっきり秋の気配がしまます。山地では紅葉も始まっているのでしょうね。このブログでも時どき登場するカツラの木はイチョウほどではありませんが綺麗に黄葉をします。[2009年9月22日撮影:上高地@山崎]

カツラ(桂、学名:Cercidiphyllum japonicum Sieb. & Zucc.)はユキノシタ目カツラ科カツラ属の落葉高木。分布は北海道、本州、四国、九州、国外では朝鮮半島、中国に及び、日本ではブナ帯などの冷温な山地の谷沿いなどの水分条件のよい場所に自生。樹高は約30m、樹幹はよく株立状にまっすぐ伸び、樹皮は暗灰褐色で若木は平滑、老木は縦裂、枝は短枝と長枝hがあります。葉は長枝に対生。短枝に一葉、円形で基部がハート形、葉縁には鈍鋸歯がつくのが特徴です。これにより葉が樹冠外部や内部に多くつけることができ、効率よく光合成をすることができ、落葉広葉樹ではよく見られる戦略です。葉は黄葉し落葉すると独特の甘く香ばしい香りを漂わせます
花期は4月頃、雌雄異株、葉が出る前に葉腋に小さな花を咲かせます。花は萼片も花弁もなく、基部は苞に包まれ、雌花は3本から5本の雌蕊、柱頭は淡紅色で糸状、雄花は多数の雄蕊、約は淡紅色です。果実は円柱状の袋果で熟すと帯黒紫色、2裂し中から先端に翼のある種子を飛ばします。

カツラは沢筋の近くに生えるため、この樹を見ると沢が近いことが分かります。本州中部地方の亜高山帯のみに分布するは珍しいヒロハカツラがあるそうです。小石川植物園に植栽されているので別の機会に紹介します。


関連記事(ビルの谷間で木の香りが)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ