サワギク(沢菊)の美しさに

ビーグル号の航海日誌 2012年09月18日 03:18

120708サワギク@エコカフェ(奥鬼怒).JPG奥鬼怒温泉郷の日光沢温泉宿の近くを通りかかった時に雨に濡れたサワギクの花が目に飛び込んできました。たった一輪ですが美しさを誇示しているようでした。[2012年7月8日撮影:鬼怒沼湿原調査@山崎]

サワギク(沢菊、学名:Nemosenecio nikoensis (Miq.) B.Nord.)はキク科サワギク属の多年草。分布は北海道、本州、四国、九州に及び、山地の沢沿いや湖沼沿いの林床など湿った場所に自生。草丈は60cmから90cmほどで、茎は白毛に覆われ直立し、茎葉はまばらに互生し、薄く、羽状に全裂し裂片は3対から5対ほど。根出葉は花期には消えるが白毛に覆われるという。花期は6月から8月頃で、茎上部で分枝し黄色い頭花を幾つか咲かせます。頭花は径約12oで中心に筒状花を密生し周囲に舌状花を7枚から13枚ほどつけます。総苞は長さ約5oの長披針形で1列です。果実は長さ約1.5oの痩果で白い冠毛がつきます。

この冠毛がつく様子をぼろ屑のようだとして、別名にボロギク(襤褸菊)というそうです。葉を大きく垂らし黄色い花を咲かせている姿を見ているととても冠毛のついたぼろぼろの姿を想像できませんね。


関連記事(コウゾウリナ(浜髪剃菜)は広域種)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:日本固有種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

トウヒ(唐檜)は遺存種

120708トウヒ@エコカフェ.JPG日本の亜高山帯の植生の主役のひとつにトウヒがあります。かつて東大台ケ原一帯はウラジロモミとトウヒの鬱蒼とした森があったが、伊勢湾台風の直撃を受け一夜のうちに森の一部が消えたそうです。その後も植生回復せず今でもミヤコザサ原が広がっています。奥鬼怒登山道、ヒナタオソロシノ滝分岐を過ぎ混合樹林帯を進むとやがて針葉樹が多くなりコメツガやウラジロモミ、トウヒ、林下にアズマシャクナゲなどが見られます。[2012年7月8日撮影:鬼怒沼湿原調査@山崎]

針葉樹林@エコカフェ.JPG120708トウヒ樹皮@エコカフェ.JPGトウヒ(唐檜、学名:Picea jezoensis (Sieb. & Zucc.) Carriére)はマツ科トウヒ属の常緑針葉樹で高木。エゾマツの変種で日本固有種、軽度懸念。分布は本州関東地方・中部地方・和歌山県に隔離し、亜高山帯に自生。樹高は約40m、樹幹は直立、暗赤褐色か灰褐色で薄い鱗片状に剥離し、枝を水平に張り、葉はらせん状に密生し、葉身は7oから15oほどの扁平な線形で先端は鋭頭(成木で鈍頭も)。葉に茶色の葉柄に見える葉枕(ようちん)がつくのが特徴です。葉裏には軸の両側に1本ずつ白色の気孔帯が目立ちます。果実は枝頂に垂れさがり、長径約3pから6pの細い円柱状の球果で熟すと種子だけを飛散させます。

トウヒもハイマツと同じように、最終氷期が終り山岳地に取り残された遺存種種のひとつと考えられています。したがって富士山では見られません。ハイマツが多積雪に耐えるのにトウヒは耐えられないが、寿命を長くし倒木更新することで競合するモミの仲間との生存競争に耐えているようです。トウヒの純林は東大台ケ原の一部にのみ見られるそうです。なんとも。


関連記事(大台ケ原の調査視察を終えて⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ