ゼンマイ(薇)は山菜の代表

ビーグル号の航海日誌 2012年09月08日 18:31

120728ゼンマイ@エコカフェ(奈良).JPGこの夏の奈良・京都視察では炎天下の中、春日山散策に挑戦をしました。この山の森は例外なく鹿の食害に会っているようでした。そんな中、わずかに生えていたものの中にゼンマイがありました。[2012年7月28日撮影:奈良・京都視察@山崎]

ゼンマイ(薇、学名:Osmunda japonica Thunb.)はゼンマイ科ゼンマイ属の多年生シダ植物。分布は北海道、本州、四国、九州、樺太、朝鮮半島、中国など広く、平地から山地の斜面や谷筋などに自生。根茎は太く射上し、葉は2回羽状複葉、葉身は50pから100cmほど、葉は栄養葉と胞子葉の2形で胞子葉のほうが長い、新芽は渦巻き状で綿毛に包まれ伸び、葉柄基部に杔葉がつきます。栄養葉の羽片はつやがなく広楕円形で先が丸い。胞子葉は初夏に枯れるという。

若葉は山菜として佃煮、お浸し、胡麻和え、煮物などに調理され美味しく食べられています。韓国料理に欠かせないゼンマイのナムルもお馴染みですよね。


関連記事(シモツケヌリトラノオ(下野塗虎の尾))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島の未来は

郵便ポスト@エコカフェ.JPG先週末は三宅島で植林地の下草刈りをしました。2000年(平成12年)7月の噴火から4年半にわたり全島民が避難のため島を離れていた。
2005年(平成17年)2月1日の避難指示解除により徐々に帰島する島民が増加し、2年後には約3800人まで回復し、その後は減少傾向をたどり、この4月には2711名になってしまったといいます。役場の鎌田さんのお話では鎌田家に赤ちゃんが誕生したので人口が1名増加したそうです。
島は高齢化が進み若い人たちが少ないのが活力を奪っているように見受けられます。島の人たちは気立てのよい人たちばかりで、いつも親切にしてもらっています。
雄山は相変わらず噴煙をあげていますが、島の自然は回復途上にあり、原野から植生が回復する様子を観察するには最適な場所であると思います。

島内スイカ@エコカフェ.JPGスーパー@エコカフェ.JPG村の景色も変わり、村にはかつてなかったパチンコ屋ができ、島の老人たちがタクシーで通う姿を見かけます。そんな光景を見かけるとなんか可笑しいぞと感じる瞬間ですね。
私たちはいつものように島のスーパーで飲物やおやつを買って植林地へ向かいました。大粒の汗をかきに。少しだけ植生回復のお手伝いをするために。店の前には赤いポストがあって、今度はいつもの自分にお手紙を書いてみようかとも思いました。


関連記事(三宅島坪田地区植林地で下草刈りを)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ