三宅島山中でツユクサ(露草)を

⇒森林づくり+α 2012年09月03日 22:27

120902ツユクサ花@エコカフェ(三宅島).JPG私たちが訪れた先週末は三宅島では夜半から明方にかけて猛烈な豪雨になりました。日曜日には一度上がった雨が、朝食後に再び集中的に降りなおしました。雨上がりしてから坪田地区の山中でスダジイの巨樹を目指しながら植生観察のための散策をのんびりとしました。雨粒に濡れた一輪のツユクサの花に出会いました。[2012年9月2日撮影:第5回エコカフェみんなの森づくり@阿部]

ツユクサ(露草、学名:Commelina communis L.)はツユクサ目ツユクサ科ツユクサ属の一年草。120902ツユクサ@エコカフェ(三宅島).JPG分布は日本全土、アジア全域、アメリカ東北部などに広く、草地や道端のやや湿った場所などに自生。草丈は30pから50pほどで茎は下部が地を這ってよく分枝し先がやや立ち上がり、地を這う茎の節から発根することで増殖していきます。葉は互生し葉身5pから8pほどの長卵状披針形、平行脈が目立ち、全縁で先が尖ります。葉の基部は膜質の鞘となり茎を包むのが特徴です。花期は6月から9月頃で、茎の先に二枚貝にような苞葉の中に数個の蕾を抱え、順次一つずつ花を押し出して咲かせます。外花被片は3枚で膜質半透明の白色で目立たず、内花被片は3枚、うち2枚は円形で大きく鮮藍色、残り下側1枚は小さく白色です。雌蕊1本、雄蕊6本、長い2本が完全で4本は黄色い飾雄蕊です。苞葉は二つ折りで無毛又は両側に毛が生えます。

名前の由来は朝咲いたのに午後には萎んで消えてしまうので朝露になぞらえたとする考えや古く「着草(つきくさ)」としたものが転訛したとする考えもあるようです。「着草」とは万葉時代にツユクサの花汁を摺染に用いたことによるそうです。藍色はアントシアニン系化合物(コンメリニン)で、水溶性のため色抜けさせ易いのです。もっとも万葉集では情緒深く「月草」と詠んで儚さを象徴したのでした。


関連記事(早朝の散歩に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


続きを読む
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

三宅島坪田地区植林地で下草刈りを

120901第1回植林地@エコカフェ(三宅島).JPG120901第1回植林地@@エコカフェ(三宅島).JPG今回は昨年、三年前の植林地で下草刈りをしました。
昨年の植林地は1週間前に江東区にある科学技術高校の選抜1年の生徒さんたちが下草刈りをしてくれていたので対して労なく作業を終えることができました。

ところが三年前に植林した場所へ行くと直後以外に手入れをしていなかったため、人の背丈をこえるほどのススキとカヤが生い茂っていました。もちろん、植林したはずの苗木はヒサカキがかろうじて頭(樹冠)を」出しているくらいで陰樹であるツバキはすっかり姿を隠していました。

120901第1回植林地B@エコカフェ(三宅島).JPG120901第1回植林地A@エコカフェ(三宅島).JPGまずはススキ・カヤ原に鎌を入れ小道を造りながら手探りで進みながら苗木を探し当て、坪刈りといって苗木の周囲のススキ・カヤを日が当たる程度に刈りとします。
慣れない中腰の姿勢とよく切れる窯に細心の注意を払いながらススキ・カヤの根元際からズバズバと刈っていく。汗が頭からも流れ、大粒の汗がポタポタと地面に落ちていく。目に入ると塩分で痛い。

午前9時半から11時半まで2時間みっちり大汗をかきました。背丈をこえるほどのススキ・カヤ原には幾筋ものけもの道のように小道ができました。子どもたちにとっては、鬼ごっこフィールドとして面白いのではないでしょうか。小さな子供の頃、麦畑でおとなに交っていとこや近所の友だちらと麦刈の搬送の手伝いをしたのを思い出しました。やっぱり手伝いより鬼ごっこになってしまったなあと。


関連報告書(三宅島に緑を!第一回エコカフェみんなの森づくり)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ