高山植物の魅力(55)、ヒダカトリカブト(日高鳥兜)

ビーグル号の航海日誌 2012年07月13日 18:27

110812ヒダカトリカブト@エコカフェ(幌尻岳).JPG北海道日高山脈主峰の幌尻岳山頂近くでヒダカトリカブトが青紫色の花をつけていました。別名にアポイ岳に多く見られることからアポイトリカブトとも呼ぶそうです。トリカブトの仲間は世界の北半球温帯以北に約300種、東アジアに約100種、日本にはヤチトリカブトなど30種以上が知られるが、変異が多いために同定は難しいといいます。[2011年8月12日撮影:幌尻岳@澤尚幸]

ヒダカトリカブト(日高鳥兜、学名:Aconitum yuparense Takeda var. apoiense (Nakai) Kadota)はキンポウゲ科トリカブト属の多年草。エゾノホソバトリカブトの変種で日高山脈固有種。分布は日高山脈アポイ岳、札内岳、戸蔦別岳などのかんらん岩や蛇紋岩地帯の草原や林縁に自生。草丈は30cmから90cmほどで、茎葉は5深裂し、裂片はさらに線状披針形に裂し、茎の上部には曲がった毛が生えます。
花期は8月から9月頃、花は縦長約4pで青紫色、花弁に見えるのは萼片5枚、内側に花弁2枚、雄蕊多数、雌蕊3本から5本。雄蕊にも雌蕊にも毛がないのが特徴です。

ドクウツギ、ドクセリとともに日本三大毒植物で全草に中枢神経を麻痺させるアコチニン(aconitine)などのジテンペル系アルカイド毒成分を含む。テトロドトキシンと異なり即効性の毒であって、アイヌの人びとはエゾトリカブトやオクトリカブトの特に毒性の強い根から汁をとりトウガラシを調合したものを矢尻にぬって熊狩りをしたといいます。


関連記事(高山植物の魅力(54)、イワブクロ(岩袋))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:日本固有種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

シラスご飯は美味しい

シラスは、ウナギ・イワシ・アユなどの体長2センチまでの稚魚のことです。今年の鰻はとても高いです。稚魚乱獲が原因のようです。 稚魚といえども、ウナギとイワシと同じなのは微妙な感じがします。

シラスは、年中捕れますが春と秋の季節がよく、網目の細かいモモヒキのような形をした網でする漁をするんですって。 ので、バッチ漁・モモヒキ漁とも呼ばれています。他にも、地方によっては違う言い方がありそう。

シラスごはん@エコカフェ.JPG食べる(加工)方法は次の通り
@生シラスは、そのままの生のこと。
生シラス丼や生シラス軍艦にしますね。

A釜揚シラスは、大鍋で茹でて冷ました状態のこと。
脱色したような白色で柔らかい(写真)。御飯にふりかけたり、玉子焼きに入れたり、酢の物、和え物に入れて食べます。

シラス表示@エコカフェ.jpgB中干シラスは、釜揚シラスを半日天日干しした状態のこと。
褐色ぽい。 釜揚シラスと同じように食べますが、歯触りはあります。

C上干シラスは、釜揚シラスを完全に天日干しした状態のこと。
黒色で固い。保存食になる。

釜揚シラスのパックの表示に、面白いことが書いてありました。 「えび・かにが混ざる漁法で採取しています」 小さいから仕分けはできませんよね。漁法に起点があるとは面白い!


コタより
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ