何故に勇気ある撤退をしたのか

ビーグル号の航海日誌 2012年07月08日 20:58

忽然と現れる瀑布上部@エコカフェ.JPG早朝まで激しく降っていた雨は朝食事には小康状態に、出発時の7時50分にはすっかり上がり、雲間から青空が見えるほどに天候は急回復してきている。
加仁湯から日光沢温泉を経由して水量が増して激流と化した鬼怒川上流域を確実に登坂する。
オロオソロシノの滝と日向オソロシの滝がある分岐を鬼怒沼方面に急坂を広葉樹林、続いて針葉樹林帯の中を進み高度を稼いでいく。
オロオソロシの滝展望台から滝を眺望してさらに急坂を登っていく。
忽然と現れる瀑布下部@エコカフェ.JPG忽然と現れる瀑布足元@エコカフェ.JPG原生林までもう少しのところで急な沢が長大な瀑布と化し行き先を阻んでいた。
ひざ下を濡らして渡れないことはないだろうが、激しい激流のしぶきで足元の状態が確認できない。
ここで勇気ある撤退を選択しました。
仮に渡って鬼怒沼湿原を散策しても帰路は同じ道を引き返すことになり、上空では雲が流れ雲間が切れては現れ、雲海が覆ってきそうな気配もある。
めったに見ることができない幻の瀑布を「エコカフェの滝」と呼んでみた。

よいものを見せてくれた。
また来ればいい、と。


人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

下山してランチを

120708_1151~01.jpg120708_1152~01.jpgアプローチ途中の沢が水量を増して滝状態でした。
もちろん勇気ある撤退を選択しました。また来ればよい。
ひと風呂浴びて、女夫渕温泉まで送ってもらった。
おにぎりにスープを作ってのランチは美味しい。
森の観察結果は後ほど報告します!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

深夜に温泉の御代わり

120708_0047~01.jpg120708_0045~01.jpg120708_0035~01.jpg深夜に温泉御代わりした。漆黒の闇に天から現れる大きな雨粒。
雨は低きに集まり谷底を水量を増して勢いよく流れ、岩に当たり轟音とともに砕け散る。静寂はない。
ランプのわずかの明かりをたよりにスズメガやシャクガの仲間たちが雨宿りに集まっている。
ここはたくさんのいろんな蟲たちが暮らす深い森でもあることを忘れないで欲しい。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ

嬉しい地の物尽くし

120707_1819~01.jpg120707_1808~01.jpg一日の終わりに感謝しながら夕食をとりました。
おもてなしの料理は地の物尽くしでした。
中村さんが一足先にfacebookに掲載。岩魚の塩焼きは薄塩で岩魚本来の癖のない素直な美味を味わえた。
山菜てんぷらは揚げたてが欲しかったが、山菜グラタンは格別であった。濃厚なチーズにコゴミ、ゼンマイ、アミタケなど山菜の優しい旨味が閉じ込められている。
ご褒美の濁り酒一杯で一日を振り返り、小さくありがとうの乾杯をした。

感謝、感謝!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)

▲このページのトップへ